卒業生たちが、新雑誌「みたいな!」にて、マンガ家・イラストレーターとして活躍中!|お知らせ

卒業生たちが、新雑誌「みたいな!」にて、マンガ家・イラストレーターとして活躍中!

発行・発売/角川アーキテクチャ

12/24(金)発売の、コミックもノベルもゲーム情報も楽しめるトライアルマガジン「みたいな!」に、卒業生がマンガ家・イラストレーターとして作品を掲載しました。

益子リョウヘイ(21年卒)さんが、小説『コンタクティー・ケース・セブン』(著者:井上伸一郎)の挿絵イラストをイラストレーターとして担当。
また、本郷はるき(21年卒)さんは、マンガ『雀鬼ダンサー』を掲載しました。本郷さんの紙雑誌での作品掲載は今回が初です!

益子さん、本郷さんからコメントをいただきました♪

益子リョウヘイさんコメント

小説『コンタクティー・ケース・セブン』(著者:井上伸一郎)の挿絵を担当させていただきます、益子です。
宇宙を舞台にしたSF作品となっておりますので、ロマンとリアリティのあるイラストで作品をより一層盛り上げられますよう、今までの経験を活かして、精いっぱい頑張ります!

© 井上伸一郎 © 角川アーキテクチャ
著者:井上伸一郎 イラスト:益子リョウヘイ

本郷はるきさんコメント

『雀鬼ダンサー』という雀荘を舞台にしたショートコメディ漫画を描かせていただいた本郷はるきです。
ずっと目標にしていた、雑誌に自分の作品を載せる事が出来てとても嬉しいです。
沢山の人に楽しんでいただけるような作品に仕上がったと思います。どうぞよろしくおねがいします!

© 本郷はるき © 角川アーキテクチャ

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

マンガイラスト学科から、在学生・卒業生がマンガ家・イラストレーターとして次々とデビューしています!
効率よく実力を上げることができるカリキュラム、独自のデビューチャンスなど、詳しくご紹介したパンフレットを無料でお送りしています。
また、学校見学・オープンキャンパスも随時行なっておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

他にこんな記事も読まれています

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。