株式会社北星社に内定した本田さんインタビュー|お知らせ

株式会社北星社に内定した本田さんインタビュー

総合印刷会社の株式会社北星社に、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるマンガイラスト学科・本田さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定おめでとうございます!では、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。

ありがとうございます!内定の連絡を頂いた直後は放心状態で現実感がなかったのですが、母に電話したとき僕より喜んでくれている声を聞いて、ようやく同じように喜ぶことができました。

Q2.大阪アミューズメントメディア専門学校で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?

もちろんどの講義も役に立っています!ポートフォリオに載せる作品を多くの講師の方に添削していただきましたし、キャリアセンターでは面接対策も徹底的に行ってくれました。業界との繋がりが強いこの学校だからこそ、してもらえたサポートがたくさんでした!

Q3.就職活動、指導での思い出のエピソードを教えてください。

もともと農業などの自然に関わる仕事に就こうと思っていたのですが、農業関係の説明会で「農業だけでは食べていくことは難しく、兼業農家が多い」というお話を伺い就職に舵を切りました。5月の急な進路変更にも関わらず、速やかに対応していただきました。ただ、面と向かってキャリアセンターの先生とお話するのは初めてだったので緊張しました。
実際は、履歴書・エントリーシートの添削や面接練習など全力で支えてくださったので、何の不安もなく就活に集中することができました。

ご指導いただいたキャリアセンターの先生と

Q4.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

みんな自身の「夢」を真剣に追いかけているので、お互い切磋琢磨しながら着実に技術を身に着けているクラスです。とはいっても、ピリピリしている感じではなくアニメやマンガの話題で盛り上がったりと笑顔で溢れています!
講師の方々も持っている知識を余すところなく教えてくれるので、多くの技術を学ぶことができます。そして、学んだことは「すぐにでも自身の作品に生かしたい!!」となる友人ばかりなので、日々クオリティの高い作品を見られて楽しいです。僕も負けてられない!!

Q5.大阪アミューズメントメディア専門学校へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。

マンガやイラストの知識のみならず、イラストレーターやフォトショップを使った授業があったことです。この授業がなければ、デザイナーという職には就いていなかったです。入学前はこれらのソフトの存在も知りませんでした。
そんな右も左もわからない状態から丁寧に使い方を教えていただいたので、しっかり理解し自分の技術としてデザインを作るところまでできるようになりました。クリエイティブな職業に関して視野が狭かった自分を一気に広げてくれた授業でした。

オープンキャンパスの案内に採用された本田さんイラスト

Q6.学校生活での思い出を教えてください。

やはり「編集部批評会」を多く開催しているところです。
出版社とマンガ家を目指す人を繋げて頂ける場に参加できることは入学しないとできない貴重な経験です。そんな機会をたくさん設けているので、マンガを描くモチベーションにも繋がりますし、当然デビューできるチャンスが増えるということにもなります。
これはぜひ入学して参加してほしいと思います。

Q7.就職活動でくじけそうな時は、あったでしょうか?どんな時ですか?どう乗り越えましたか?

趣味である旅行と就活をセットにして気持ちを紛らわせてました。就活だけやるには限界があります!なので、説明会や面接、SPI試験で現地に赴いたとき、ご当地グルメや観光を一緒にしていました。どんなに面接や試験で緊張しても「このあと美味しいもの食べるんや!」と思いながら挑めましたね(笑)面接で美味しい店はどこか聞いたこともありました。

Q8.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。

何気ない一瞬の幸せを支えるクリエイターになりたいです。
誰かの1日の始まりを楽しくさせたり、寝る前に微笑んでくれたり、つらいことを一瞬でも忘れさせることができれば僕は本当に嬉しいです。

Q9.後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願いします!

自身の言動に「イタイ人だ」とか「幼稚だ」とかくだらないことを言われても、やりたいことをやってくれたら嬉しいです。自分に都合のいいことだけ聞いていたら良いと思います。生きやすい環境は夢に向かうために大切だからです。それでも嫌なことが耳に入ったら、一旦そこから離れてもいいかもしれません。しんどくなったら止めていいし、泣きたくなったら泣いてほしいです。周囲のことを考えすぎて、自分を殺さないでと心からそう思います。
あとは自分の作品に対して否定的なことを言わないでほしいです。もちろん、毎回反省点はあると思います。でも、好きなところ、うまくいったところをひたすらに褒めてほしいです。ラフでも制作時間でも髪の毛の1ドットでもそういった見る人にはわからない自己満足のところで良いんです。
自分の作品を愛せる人は素敵で、かっこいいです。大丈夫、あなたの作品はとても素敵です。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

本田さん、ありがとうございました。
大阪AMG・マンガイラスト学科では、マンガやイラストが描けるスキルを活かした就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。

効率よく実力を上げることができるカリキュラム、独自のデビューチャンスや就職実績など、詳しくご紹介したパンフレットを無料でお送りしています。
また、学校見学・オープンキャンパスも随時行なっておりますので、お気軽にお越しください。

他にこんな記事も読まれています

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。