卒業生が手掛けたフルカラー縦読み漫画『村の不幸を背負った嫁ですが』配信スタート!|お知らせ

卒業生が手掛けたフルカラー縦読み漫画『村の不幸を背負った嫁ですが』配信スタート!

この度「DMMブックス」と「LINEマンガ」にて先行配信された『村の不幸を背負った嫁ですが』は、多知川さくらさん(ノベルス文芸学科 卒業生)が原作、つきみなつさん(マンガイラスト学科 卒業生)がネーム、鵺卷恢さん(マンガイラスト学科 卒業生)が線画、亀田さん(キャラクターデザイン学科 卒業生)と 皐月実さん(マンガイラスト学科 卒業生)が着彩を担当し、多くの卒業生が作品に携わりました。

©多知川さくら/AMG出版/CLLENN

■作品情報
作品名『村の不幸を背負った嫁ですが』
原作: 多知川さくら
ネーム:つきみなつ
線画:鵺卷恢
着彩:亀田/ 皐月実/AMG出版

配信開始日:2023年12月25日(月)
DMMブックスとLINEマンガにて先行配信中
DMMブックス作品ページ:https://book.dmm.com/product/4406855/s539ahuat00486/
LINEマンガ作品ページ:https://u.lin.ee/m96p2Tn/pnjo

■あらすじ
「《身代わり忌み子》は一生、幸せになることはない」
タリスタン王国のとある村には代々、村の不幸を一身に受けることを宿命づけられた《身代わり忌み子》が存在する。忌み子としての宿命を背負わされ、生まれつきの不幸体質であるミアは、幼少期から村の外れに隔離され、村人たちからも迫害され続け、その体質のせいで母親をも亡くしてしまう。孤独ながらも逞しく過ごしていたある日、「狩り」と称して村人たちから追い詰められたミアは、恋人に浮気され続けて自暴自棄になっていた第1王子・レイベルと出会う。自らの体を傷つけながらも「オンリーワンの愛が欲しい」と叫ぶレイベルに、ミアは自身の不幸に巻き込まないよう冷たく接するが、翌日、レイベルから求婚されてしまい…!?不幸慣れしすぎて心身ともにタフな最強ヒロインと、愛が重すぎる束縛&溺愛系こじらせ最強ヒーローの、王宮ラブロマンス!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

マンガイラスト学科から、在学生・卒業生がマンガ家・イラストレーターとして次々とデビューしています!
効率よく実力を上げることができるカリキュラム、独自のデビューチャンスなど、詳しくご紹介したパンフレットを無料でお送りしています。
また、学校見学・オープンキャンパスも随時行なっておりますので、ぜひお気軽にお越しください。

他にこんな記事も読まれています

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。