株式会社アウトソーシングテクノロジーに内定した藤田くんインタビュー|お知らせ

株式会社アウトソーシングテクノロジーに内定した藤田くんインタビュー

株式会社アウトソーシングテクノロジーに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・藤田 日向くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
素直にうれしいです。しかし、ここで浮かれるわけにもいかないのでこれからも勉学に励みたいと思います。

fujita001

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
娯楽要素もありつつ、物語もしっかりしているゲームそのものが魅力的であり、興味をひかれたからです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
ここで本音を言うとあれなんですけど、大阪で探して2年制のゲームプログラマー学科がここだけだったからです。特に深い意味はありません。

fujita004

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ゲーム制作はしたことはありませんが、協力してものを作るという分野においてロボットを制作した経験があります。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
コロナ禍の中、人と人との距離や、接触に気を付けないといけないということもあり、コミュニケーションを制限される中でできる限り先生方が尽力していたただいたおかげで楽しい雰囲気を作れていたと思います。

fujita003

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
物覚えがいいのですべて印象に残っています。が、その中でも西田先生の授業の中のスーパーマリオブラザーズを模したスーパーマサヒロブラザーズがゲームらしさがあり印象的でした。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
私が制作したのはモグラが潜るゲームです。私自身、希望通り制作できなかったことから満足していませんでしたが、プランナーさんが面白くしようと尽力してくださったり、グラフィッカーさんが希望以上の素材を提供してくださったりしたおかげで、先生方や友達などに面白いと言っていただける作品にできました。

fujita005
応用情報技術者の勉強も始めています

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
面白いという言葉をいただけました。が、表示物がユーザー目線ではない、画面上に移る細かい動作などの指摘もいただきました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
面接を行えば行うほど成長していく手ごたえがありました。

fujita002

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
一日でも早く一人前になれるように勉強や経験を積みたいと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
専門学校でしっかり授業を受けていれば業界で必要な知識は身につくので、入学を考えている人は前向きな意思を持っていれば十分です。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

藤田くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパスも随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。