株式会社イマジカデジタルスケープ バウハウス・エンタテインメントに内定した印束さんロングインタビュー|お知らせ

株式会社イマジカデジタルスケープ バウハウス・エンタテインメントに内定した印束さんロングインタビュー

株式会社イマジカデジタルスケープ バウハウス・エンタテインメントに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるキャラクターデザイン学科・印束歩音さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定おめでとうございます!では、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。
はじめにとても安心したのを覚えています。意識していなくても頭の片隅で就職のことがあったので、卒業制作に集中することができると嬉しく思いました。

intsuka01

Q2.大阪アミューズメントメディア専門学校で、就職に役立った講義や先生、サポート制度はなんですか?
イラストを描く以外にもアニメーションや、3DCG、映像などのその他のことにも触れさせてもらえたことが身になりましたし、とてもありがたく感じました。

Q3.就職活動、指導での思い出のエピソードを教えてください。
面接やプレゼンなど、1人話し続けたりすることが苦手なので面接の度にメンタルがやられていましたが、キャリアセンターの先生が面接練習をしてくださって少しでも頭を落ち着かせて面接に取り組めたのがとてもありがたかったことを覚えています。

Q4.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
みんな真剣に作品作りや勉強に取り組んでいるので自分も頑張らないと、という気持ちになれます。

intsuka02

Q5.大阪アミューズメントメディア専門学校へ入学してよかったと思うことがあれば教えてください。
入学前よりも絵に向き合うことが増えたことだと思います。
授業でも、自宅でも絵を描いたりすることが増えて、先生方にも添削などをして頂き、好きで描くだけではなく学ぶこともたくさんあったのでとても技術が向上しました。

intsuka03

Q6.展示会など発表会での思い出はありますか?
学園祭はオンラインのみでの展示になってしまって寂しく思いましたが、それでも自分の作品を外の人に見ていただけたことがとても嬉しく感じました。

intsuka04

Q7.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。
様々なことに挑戦して自分の武器を増やして幅広いことができるクリエイターになっていきたいです。

intsuka05

Q8.後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願いします!
行き詰ってしまうこともあるかと思いますが、ダメだ、と思ったときは思い切ってまったく別のことをして気持ちを切り替えるのもありだと思います。大変なことも多いと思いますが一緒に頑張っていきましょう!

intsuka06

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

印束さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。