株式会社トーセに内定した平江さんインタビュー|お知らせ

株式会社トーセに内定した平江さんインタビュー

株式会社トーセに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・平江 凌一朗さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
内定をいただいたことで将来への安心感がわき、とても気持ちが楽になりました。ただ、就活以外のストレスが多くなり、結局のところ心の疲労度は変わっていないです。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
小さい時からゲームが好きだったのでなんとなくゲーム業界に入りたいと思っていましたが、はっきりと目指そうと思ったきっかけは高校生の頃にあるゲームをプレイした時でした。
クリーチャーの気持ち悪さと魅力的なキャラクター達のギャップなど、見ているだけで面白いキャラクター達を見てゲーム業界を目指そうとはっきりと決意しました。

hirae002

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
オープンキャンパスに参加し体験授業を受けた時、非常に先生に質問しやすい空気だったことと、就職サポートが手厚くクリエイター面接などのチャンスを多くもらえることがわかっていたので入学を決めました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
全くありませんでした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
一年生の時は、基礎を教えていただきながら先生の説明通りに制作ツールを触っていくという感じでした。途中で詰まってしまったり聞き逃してしまったら手を挙げるともう一度教えてもらえるので、すぐに基本操作は身につくと思います。
二年生になってからの授業内容は、専門的な技術を教えてもらう時間と作った作品を先生に添削してもらえる時間に分かれていました。添削の時間は自分から積極的に聞きにいかないとなかなか教えてもらえないですが、的確なアドバイスを頂けるのでかなり順番待ちしていたと思います。

hirae001
平江さんのポートフォリオの一部

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
3Dではないのですが、デッサンの授業がとても印象に残っています。授業でデッサンを描くのですが、描いている途中で先生に、この進め方の方がいい、この部分を描きこむとよくなるなどのアドバイスをたくさん頂けます。その場でアドバイスを頂けるので無駄な作業をほとんどすることなく、最終的に私も含め先生のいうことをちゃんと聞いている人はかなり上達することができました。
一番目に見えて成長することができる授業だと思います。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
初めての共同制作なのでうまくいくか不安でしたが、チームメンバー全員が話しやすくて全員が意見を出し合えるチームでした。制作自体は、今までの授業で教えていただいた基礎の部分をうまく使っていくという感じで、授業を聞いていれば特にわからないことはなく進めれると思います。
最終的には全員が納得できるゲームが完成し、チームで何回も遊びに行くなどしてとても充実していました。

Q8.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
一番印象に残っているのは、周りの人たちにたくさん助けてもらえたことです。私は就職活動を始めるのが遅かったので、先に内定をいただいている友達や、就活指導の先生や作品を添削してくださる先生たちに色々教えて頂きました。私は周りの助けがあって内定をいただくことができたので、一人で背負わず周りに頼ることも就活において大切だと思います。

hirae003

Q9.入社後の目標や決意を教えてください。
メインのキャラクターの制作を担当したいです。ゲームのパッケージを飾るメインキャラクターを作ってそのキャラクターをプレイヤーの方々に操作してもらうのが今後の目標です。

Q10.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
就職活動はかなり精神的につらいと思います。ですが、あきらめないで努力していると絶対に報われます。
何回挫折しようとも、業界を目指す気持ちが残っているのなら最後の最後まであがいてください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

平江さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパスも随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。