株式会社A-1 Picturesに内定した則岡さんインタビュー|お知らせ

株式会社A-1 Picturesに内定した則岡さんインタビュー

noriokajpg

TVアニメ『ソードアート・オンライン』シリーズ、『THE IDOLM@STER』シリーズ、『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE』シリーズなど人気作品の制作を手掛ける株式会社A-1 Picturesに内定が決まった則岡 鴻希さん。アニメーション業界を目指すきっかけ、学校での生活や制作の様子、そして将来の目標などを答えてくれました!

月の下で 静止画001
<在校中に制作したアニメーション作品>

Q1.アニメーション業界を目指したきっかけは?
中学生の頃、勉強が苦手で自分の唯一の取り柄は絵を少し描ける程度のことだと思っていました。元々、自分の為に努力するのは苦手だけど、他人の為なら努力することが出来ました。
そこで、ふと見たアニメに感動した時に、「アニメーション作品に携わり、自分の受けたような感動を人に届けたい」と思い、アニメーション業界を目指しました。

月の下で 静止画002

Q2.大阪AMGに入学を決めた理由は?
カリキュラムに好感を持ったというのもありますが、教室が作業に集中出来る環境だと思ったのが一番の理由です。

月の下で 静止画004

Q3.役に立った、印象に残っている講義は?
パースの授業が印象に残っています。学校で授業を受けるまでは絵の事はずっと独学で、パースもちゃんと教わったわけではないので、それらの知識の信憑性が薄くずっと不安でした。なので、パースの事も含めてずっと気になっていた事や疑問などが解消されて、不安が和らぎました。

月の下で 静止画005

Q4.アニメーション制作の思い出は?
まだ入学して間もない頃に取り組んだ初めてのアニメーション制作では、色々と理解の足りない部分もあった為、拙い出来になってしまったと後悔していることが多々あります。ですが何より、実際のアニメーションの制作現場を小規模ではありますが体験出来た事はとても貴重でした。

月の下で 静止画008

Q5.今後の目標や決意を教えてください。
同じ現場の人達を支えることの出来るような、一人前のアニメーターになれるよう、精進したいと思います。

月の下で 静止画009

Q6.これからアニメ業界を目指す方へひとこと!
アニメ業界を目指すと目標を定めた事は自分にとっては大きな転機でした。もしあの時目標を定められていなかったら、今、本当に何も無い人間になっていたと思います。
もし達成したい目標があるなら、どんな障害があっても諦めることはありません。積み上げた努力は決して自分を裏切らないと信じて、頑張って下さい。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

則岡さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・オープンキャンパスも随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。