株式会社ジーンに内定した能地さんインタビュー|お知らせ

株式会社ジーンに内定した能地さんインタビュー

株式会社ジーンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・能地さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

早い時期に内定が決まって、精神的に楽になったという事が一番大きいです。就職活動中は勉強に割く時間も体力も無かったので、就職に向けて知識とスキルを少しでも多く身につけたいと思っています。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

日本のゲームで、海外のゲームファンの方々が喜んでいるのを見て、私も「世界中の人に楽しんでもらえるゲームが作りたい!」と思い、ゲーム業界を目指しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

複数の専門学校のオープンキャンパスに参加して、大阪AMGが一番ゲーム分野に力を入れている学校だと思ったからです。実際に入学して授業ではゲームに必要な知識ばかりを教えてもらえるので、ゲーム業界を目指す方にはオススメの学校です。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ゲーム制作の経験どころか、プログラミングの経験すら無かったです。しかし、授業では基礎の基礎から教えてもらえるので、経験が無くても大丈夫です。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

全員の仲が良いわけではありませんが、各々友達を作ってわいわい喋っています。授業中は各自で考える時間が多いので、隣の人と話しながら考えたりもします。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

私は就職活動中に「ゲームAI」をアピールポイントにしていたのですが、それについて教えていただけたのは笠木先生のアルゴリズムについての授業でした。この部分については企業からも高く評価された部分だったので、印象に残っている授業です。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

ゲームの8割ほどを担当したので、自身の成長には大きく繋がりましたが、チームのリーダーとしては上手くコミュニケーションが取れておらず、反省点の多い制作となりました。他の職種ともチームを組むので、自分のアイデアを提案したり、キャラクターやUIなど欲しい素材があればお願いできるので、その点は非常に楽しかったです。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

概ね高評価で、特に個人で制作したホラーゲームでは、「すごく怖かった」「ドキドキした」など仰っていただけで、すごく嬉しかったです。そこからさらに面白くするにはどうしたらよいかを面接の時にお話したりして、いろいろ意見を聞くこともできました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

面接の時間が1時間しかなかった際に、少ない時間で自分をアピールすることが非常に難しかったです。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

目標としてはゲームAIが関係する、敵や味方NPCの制御を任せてもらうことです。中途半端なAIにしてしまうと、悪目立ちしてゲームの評価を落としてしまうので、そのような事にならないように気を付けたいと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

私は大学に5年間通って卒業してから大阪AMGに入学しました。私と同じように現在大学に通っていて、これからゲーム業界に進みたいと思っている人の中には、時間的な不安や、ゲーム業界に入れるかという不安を抱いている人がいると思います。私も当時は多くの不安がありましたが、大阪AMGに入学して一切後悔はありません。皆様もぜひ後悔しない道を選んでください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

能地さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。