株式会社イルカに内定した清水さんインタビュー|お知らせ

株式会社イルカに内定した清水さんインタビュー

株式会社イルカに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・清水さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

入学前から内定が貰えるかをずっと心配していたので、その不安が解消されて安心しています。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

小さい頃からゲームや物作りが好きだったので、それらを仕事にできるゲーム業界に自然と憧れていました。 決め手となったのは「他業界で出来ることは画面内で再現できる」という考え方で、多方面の夢を同時に叶えられると思ったのがきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

現場に近い授業内容やチーム制作を行える実践的なカリキュラムで、それらを2年という短い時間で学ぶことがきるという点が魅力的でした。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

C言語を用いた2Dゲームを2本制作していました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

ゲーム等趣味が近い人しか居ないのでそれらの話題で盛り上がりつつ、制作の相談なども気軽に行える環境でした。 授業はいつでも気軽に質問が出来る環境で、実体験を踏まえた授業にユーモアを兼ね備えた内容なので分かりやすく楽しく学べます。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

講師の川本先生です。授業や質問の内容以外にも、現在自分が使用している技術の発展技術や、業界についての雑談や就活の相談等様々な事を教えていただきました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めてのチーム制作ということで、自分の思うように事が進まないことが多くありました。しかし一方で、自分一人では制作できない規模の作品制作を経験でき、ゲームとして面白く仕上げられたことは非常に良かったと考えています。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

企業の方には、「一年でここまで作ることが出来るのは珍しい」と高評価をいただき、非常に嬉しかったです。また、自分では思いつかなかった改善案を提案していただけたのも、良い経験になりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

私は自分を出すことが苦手だったので、全体的に苦労することが多かったです。 最終的に主張の方向性が決まってからは少しずつ安定するようになりましたが、最後まで大変な時期でした。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

最終的にアクションゲームのプレイヤーの部分を担当することが目標です。 イルカ様は大規模なタイトルを担当されることが多く、制作の分野も幅広い会社です。そのようなタイトルにかけられる期待に応えられるよう、様々な分野の事を学んでいきたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

ゲーム作りが好き、楽しいと思うことができ、授業や制作にしっかりと向き合えば自然と技術が身に付きます。好きな事の勉強は、小中高の勉強とは全然違いますよ!
好きを仕事にするために、一度挑戦してみませんか?

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

清水さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。