株式会社SNKに内定した三嘴さんインタビュー|お知らせ

株式会社SNKに内定した三嘴さんインタビュー

『SAMURAI SPIRITS』や『THE KING OF FIGHTERS XV』など、数々の有名タイトルを手掛ける株式会社SNKに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・三嘴さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

正直入社するまで実感が湧きませんが、やっと肩の荷が下りたのと夢がかなったという思いでいっぱいです。 入社日まで待ちきれません!

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

幼いころからゲームをするのは好きだったのですが、高校時代に一度、友人たちとゲームを作ったことがあり、その時にゲームを「作る楽しさ」を覚え、業界を目指そうと思いました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

カリキュラムに他学科の生徒とグループを組んで一つのゲームを作る「共同制作」というものがあり、それがより現場に近い環境で制作ができるというのと、特待生制度によって学費を免除してもらえるのが魅力的だったからです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

友人たちと一緒に2Dの謎解きゲームのようなものを作りました。 その時は4、5人で集まって、自分が主にグラフィックの部分を担当していました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

普段の雰囲気で言うと、自分の周りではゲームやアニメなどの趣味の話や、作品制作について意見を交換したり、技術的な共有などで盛り上がることが多いです。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

キャラモデル担当の越智先生とモーション担当の里村先生です。
自分はキャラモデラー志望だったので、越智先生には作品について相談させてもらい、様々なアドバイスをいただきました。 作り方が分からないパーツについてや、自分でデザインしたキャラクターについての相談、他にも作品についてだけでなく就活の悩みなどにも乗ってもらい、何かとお世話になりました。
里村先生は職種的なかかわりはないですが、ポートフォリオに乗せるキャラクターのポーズや構図などのアドバイスをいただいたり、技術的な相談においてもお世話になりました。 あと個人的に一番面白い先生です。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めて3Dモデルを個人ではなく、ゲームに使用するモデルとして作ったり、当時は志望する職種など何も決まっていなかったので、キャラだけでなく背景やモーションをやったりなど色々大変でした。

ポートフォリオより抜粋

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

自分がかかわったゲームを第三者に見られるので、緊張感はありましたが、企業からのフィードバックもいただけるので貴重な体験でした。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

キャリアセンターの八木先生にエントリーシートの添削や、面接練習をしてもらったりなど、就活対策のサポートは手厚くしてもらいました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

入社後はキャラクターモデラーとしてモデリングの技術を上げていくのは勿論のこと、ゆくゆくはキャラクターデザインや企画の中核となる業務や、アートディレクターなどの職種にも興味があり、目指していきたいです。

ポートフォリオより抜粋

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

どの職種においても言えることで、ただひたすら作品を作るのも良いのですが、いろんなゲームをしたり映画を観たりなどアウトプットだけでなくインプットも大事にしてほしいです。 それによって自分が見たもの、体験したものが新たな引き出しとなって成長にもつながるので、ぜひいろんなことに興味を持ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

三嘴さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。