株式会社ハ・ン・ドに内定した甲斐さんインタビュー|お知らせ

株式会社ハ・ン・ドに内定した甲斐さんインタビュー


『新すばらしきこのせかい』『春ゆきてレトロチカ』の開発や『メガトン級ムサシ』の制作協力など、数々の有名タイトルを手掛ける株式会社ハ・ン・ドに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームクリエイター学科・甲斐さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

純粋にとても嬉しいです。そして同時に「ホッ」としています。
ここに到達するまで本当に長かったので…

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

幼少期よりゲームが好きだったので、自然とゲームクリエイターを目指していました。
その後はゲームの勉強ができる大学に進学したのですが、訳あって一度その夢を諦めてしまいました。しかし「チェイサーゲーム」という漫画に出合い、再度ゲーム業界を志しました。ゲーム会社を舞台にしたお仕事漫画ですが、その内容に衝撃を受けたのと同時に大変感銘を受けました。ゲーム業界に興味がある人は一度見ていただきたいです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

1年目でチーム制作を2回も行えるという点が魅力的だったからです。当時私はゲーム業界への近道は何よりもゲーム制作であると考えていました。
また、大学を卒業していたのもあって、経済的な観点からも2年制が自分とマッチしていました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ありません。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

とてもよい雰囲気です。全員ゲームが趣味なのでよく一緒に遊んだり語り合います。
それだけでなく、ゲーム制作や就活関係での悩み事があれば真剣に相談に乗ってくれる、そんなよい学生ばかりです。
私は同期とは4歳差がありますが、全く居心地の悪さは感じません。
むしろ、小学生から大学生までを振り返ってみてもここまで居心地のよいクラスはないかもしれません。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

全ての先生が印象に残っています。
特に小笠原先生には企画書作成について大変お世話になりました。
初めの頃はコンセプトの重要性やレイアウトについて全く分からずに、伝わらない企画書になっていました。ですが、何度もアドバイスを受けて作成していくことで徐々に上達することができました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

人生を変える大きな分岐点になると思い、全身全霊で取り組みました。
私は「市販のクオリティに負けないゲームにする」という目標を掲げ、メインの遊びの部分はもちろんのこと、画面遷移やUI等の細かいところまでこだわって制作しました。
初めてのゲーム制作で大変なことも多々ありましたが、先生方の厚いサポートや何よりもメンバーの努力の甲斐もあって満足のいくゲームの完成度になりました。
先生に「このゲームには愛を感じるね」と言われた時にはとても嬉しく、努力が実を結んだと思いました。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

アドバイスやお褒めの言葉をいただくこともあり、自分の成長を実感することができました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

ゲームクリエイター学科担任の横山先生の手厚すぎるサポートが非常に印象的です。エントリーシートやポートフォリオの作成から面接練習まで学校外の時間にも真摯に対応をしていただきました。
ここまで学生に寄り添い就活サポートをしてくれる先生も稀有ではないかと思います。
もちろんキャリアセンターの先生にも何度もお世話になりました。
それ以外の先生にも就活で悩んでいることがあれば相談にも乗っていただくことがありました。
総じて学校全体の就活へのサポートはとても手厚いと感じます。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

まだまだ学ぶべきことが多いので、一刻でも早く会社に貢献できるように努力を重ね邁進していく所存です!

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

自分に自信がなくて「こんな自分には無理だろうな」と夢を諦めないで欲しいです。
というのも私は大学時代に「こんな自分にはゲーム業界は無理だろうな」と諦め、一度は一般業界への道を考えていました。幸いにも私は「チェイサーゲーム」に出合い再度夢を目指すことができました。
夢を叶えるのに最も大切なのは情熱だと実感しています。最初は知識や技術はなくて当然です。私もコミュニケーションが下手でよく苦労しました。それでも積極的に学ぶ姿勢で何とか食らいついていました。そしてそんな姿勢に応えてくれる環境がこの学校にはあります。
自主的に学ぶ姿勢は忘れないでください。何も考えずに流されて過ごしていると何も得ることはできません。
繰り返しにはなりますが、大阪AMGでは情熱さえあれば4年制の専門学校にも負けない濃密な1年間を過ごすことができます。そしてゲーム業界に手が届く、確かな実力が身に付きます。
なので皆さんも諦めずに夢を追いかけて下さい!応援しています!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

甲斐さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。