株式会社バイキングに内定した山川さんインタビュー|お知らせ

株式会社バイキングに内定した山川さんインタビュー


『Magicians DEAD』や『僕のヒーローアカデミア One’s Justice』、『機動戦士ガンダム 戦場の絆Ⅱ』など、数々の有名タイトルの開発を手掛ける株式会社バイキングに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームクリエイター学科・山川さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

内定を頂けた嬉しさと安堵から、ついつい肩の力が抜けてしまいました。
しかし、内定を頂いた事がゴールでは無く、これからのゲーム業界でのスタートラインである事を忘れず精進して行きたいと思います。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

我ながらありきたりでお恥ずかしいのですが、幼い頃から何かを作る事が好きで、自分が好きなものを作る仕事につきたいと考えた事がきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

理由としては大きく分けて2つあります。
1つ目は講師の方々についてです。やはり現役のプロの方々に教わるのは、すごく大きな利点だと感じました。実際の現場の様子や現状をよりリアルにお聞きする事が出来る、と言う点に魅力を感じました。
2つ目はゲーム制作の実習についてです。プロの講師の方々に教わりながら、より実践的な形でゲーム制作をおこなう経験は、とても大きな成長に繋がると感じました。正直、今の自分の知識と経験で制作ができるのか?と言った不安はありましたが、今の自分に無い”知識”と”経験”を得れる絶好の機会だと考え、入学を決意しました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

お恥ずかしながら全く無いです。
入学前はゲームの作り方も曖昧な状態で、入学後に数多くの事を学ばせて頂きました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

常にフレンドリーで明るい雰囲気です。
特に、クラスメイトは同じ業界を志す同志として、時には協力し、時に争いながら切磋琢磨を繰り返して成長していくのは貴重な経験です。
また、同じゲーム好きが集まっていることもあり、講師の方々を交えながらゲームについて語り合ったり、自身の知らないゲームについて知ることも多く、楽しく見分を広げることが出来ています。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

どの先生の講義も印象に残っているのですが、中でもプランナーとしての基本となる企画書作成について教わった、小笠原先生の講義が1番印象に残っています。
基本的な資料作成ツールの使い方から、企画を作る上で小笠原先生が心掛けている事なども教わる事ができました。
企画のコンセプトやターゲット層についての重要性は勿論、それらの考え方や間違った考え方についてなど、細部まで丁寧に教わる事ができました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めてのゲーム制作と言うこともあり、不安と期待の入り混じった状態での夏期共同制作でした。
また、”共同”制作と言うこともあり、沢山の方々と協力しながらゲームを作ると言う経験はとても貴重でした。
制作中では、企画のコストが高すぎる。と言った点から、企画の修正やスケジュールの見直しなど、決して少なくないトラブルの中でゲーム制作を進行していました。
そんな中でも、やはり自分の考えた企画がゲームとして形になっていくのは嬉しいもので、さらに努力次第でより面白いゲームへと変える事が出来るのはとても楽しかったです。
今振り返って見ると、「あの時もっとこうしてれば良かったのに」と言った出来事や「あの時の自分の行動は我ながら良かったな」と言った出来事があり、入学前に求めていた”知識”と”経験”を多く得る事ができたゲーム制作でした。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

初めはとても緊張していたのですが、実際に遊んでいただくと、作品の良い点、悪い点をプレイヤーと制作側の両方の目線で見ていただく事ができ、改善点や、伸ばせる点を見つめ直す事が出来ました。
ゲームはプレイヤーが居て初めて完成する物だと言う事を、改めて再確認する良い機会となりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

講師の方々の手厚いサポートが印象的でした。
特に、横山先生には面接練習や対策、応募書類の添削など、とてつも無い負担をかけてしまったと思います。そんな中でも、的確なアドバイスや意見などをいただく事ができ、感謝の気持ちで一杯です。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

私はプランナーとしてはまだまだ未熟で、学ぶべき事は沢山あります。
あくまでも、学校で得たものは経験と知識です。
その得たものや、入社後に得る更なる経験と知識を使って、今後は結果に繋げて、いち早く会社に貢献できるプランナーになれるように精進して参りたいと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

夢を実現するのは容易なことではありません。
夢を実現するのに必要なものは”経験”や”知識”など沢山ありますが、私はその中でも”挑戦”がとても重要だと考えています。
あなたが持つ夢を実現する為に、夢に向かって”挑戦”する事を心掛けて下さい。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山川さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。