株式会社SNKに内定した松浦さんインタビュー|お知らせ

株式会社SNKに内定した松浦さんインタビュー

『SAMURAI SPIRITS』や『THE KING OF FIGHTERS XV』など、数々の有名タイトルを手掛ける株式会社SNKに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・松浦さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

いろいろと苦労がありましたが、結果的に内定を頂けてとても嬉しいです。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

小さいころ、本当に保育園のころくらいですね。そのころに足を怪我したことがあって、外で遊んでばっかりだったのでだいぶ不貞腐れてましたね。その時に親がゲームを買ってくれて、その時初めてゲームをしたんです。それで「こんなに面白くて楽しいものがあるのか!」って感動して、自分もそういった感動をほかの人に伝えることができればいいな、と思いゲーム業界を目指したい!と思いました。 ……こんな風に、だいぶ漠然とした夢だったのですが、この学校を知ってから現実味を帯びました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

一番は共同制作(*)に惹かれてですね。学生のころからプロの方と同じ方法でゲーム制作をすることができるという点が魅力的でした。

*共同制作とは――
ゲームクリエイター学科、ゲームプログラマー学科、ゲーム・アニメ3DCG学科の3学科が合同で行なうゲーム制作

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

プログラムに関しては高校で少しかじった程度だったので、全くと言ってないです。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

大分、仲がいいと思います。もちろん全員が全員仲がいい、というわけではないですけど、ゲームが好きな人の集まりなので共通の話題が多くて楽しいです。
授業の雰囲気も、わからないところがあれば隣の人や講師の方に聞いたりして、解決してますね。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

特に印象に残っている講師の方は五十嵐先生です。 3D初めのころの授業素材がご本人の顔をしたモデルだったので、初見だと失礼ですけど笑っちゃいましたね。
講義の内容も、ゲーム数学基礎と応用が印象に残ってます。自身が計算や数学が好きっていうのもあるんですけど、考え方がほんとにゲームのための計算方法!みたいな感じで楽しかったです。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

一応、プログラマーチームのリーダーをさせてもらったのですが、オンライン授業が多かったり、入学してすぐだったのもあって、コミュニケーションをとるのが難しかったですね……。その代わり、通話時間を多くしました。相談や雑談をしながらするの楽しかったです。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

個人制作の話になるんですが、初の3Dゲームの制作ということでどうせなら空飛ばすか!と思いフライトアクションゲームにしたのですが、動きが気持ちいいね、と好評を頂けました。こだわった部分なので嬉しかったです。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

一番は自分の失敗談ですね……
送信されているメールに気付かなかったり、その他就職活動中はすごくやることが多く、ほとんどが自分の落ち度による失敗だったので、ほんとに焦りました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

知識をつけるべく勉強あるのみ!これに尽きますね。
この業界、2~3年すればハードが変わったり、新たな技術ができていたり日常茶飯事です。最先端の技術をようやく習得した!と思った途端に、また新しい技術が出てたりするので置いて行かれないよう、努力しようと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

後悔がないよう選択していただけたらなと思います。 実際、自分は高校二年のころに考えていた進路に行かずに、AMGに入学しました。この選択に後悔はないです。
少しでも「この業界で仕事をしてみたい」と考えているなら、自分は全力で応援します。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

松浦さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。