株式会社トーセに内定した松村さんインタビュー|お知らせ

株式会社トーセに内定した松村さんインタビュー


『SCARLET NEXUS』や『うたわれるもの ロストフラグ』など、数々の有名作品に開発協力をしている株式会社トーセに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームクリエイター学科・松村さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

努力は報われるということが実感できました! 今後はツールの扱いなど、スキルアップのための勉強を続けていこうと思っています。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

「チュウニズム」というアーケードの音楽ゲームが、ゲーム業界とゲームプランナーを目指すきっかけになりました。はじめてゲーム大会に行ったり、ゲーム研究をしたりと、人生を変えるほどのめりこみました。そして今度はそのような影響を、自分からユーザーに与えたいという思いからゲームプランナーという職種を目指しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

チーム制作などプロの現場に近い環境で制作でき、講師陣も実際の現場で活躍している方がほとんどというところ、そして就職のサポートが手厚い点などから入学を決めました!実際就職活動では、先生方にお世話になることで有利に進めることができました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

入学前にゲームは一切作ったことがありませんでした。ゲームの作り方はおろか企画の立て方すら全く分からずほんとに右も左もわからない状態で入学しましたが、そんな自分でも先生方が丁寧に教えてくれるので安心して制作を進めることができました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

クラスはほんとに仲がいいです!クラス内にグループというグループもなく、みんなワイワイしている雰囲気です。みんな趣味や性格はあると思いますが、やっぱりゲームプランナー学科(現ゲームクリエイター学科)なので「ゲームが好き」という共通のものがあり、いつも盛り上がっています。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

ゲーム企画の授業で小笠原先生の授業に「パックマンの仕様書を作る」とうものがありました。仕様書とは何かを理解するための授業だったのですが、最初は要領がわからず…おかげで僕は少しパックマンがトラウマになりました(笑)

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

夏期共同制作の思い出はやはり制作発表の前後でバタついたことですね… 発表間近になってゲームをアップロードできないというトラブルが起き本当に焦りました。 終わってみると、チーム運営の大変さや、作品を作る難しさ、そして完成の喜びを知ることができるゲーム制作だったと思います。

キャラクターボイスを担当してくれた声優学科の学生と

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

コロナ禍で学園祭は中止になってしまいましたが、声の出演をしていただいた声優学科の皆さんにゲームを遊んでもらって「ここがおもしろい!」や「こんなことできるんだ!」という声をもらえた時は本当にうれしかったです。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

就職活動で印象に残っているのは履歴書の添削ですね。 自分はとにかく文章を書くのが苦手だったので、膨大な企画書をいつも先生になげては困らせていましたね…笑 でもその大量の添削のおかげで就職にたどりつけたので、本当に感謝しかないです。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

入社後の目標はやはりディレクターになることです。ですがその前に人に頼られ、人から仕事をなんでも任せてもらえるような、そんな人間になりたいと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

「ゲームが好き!」「ほかの人にもこの面白さを伝えたい!」そんな気持ちがあるなら夢を捨てずあきらめずに突き進んでください。やりがいを求めて仕事するには最高の仕事だと思うので、興味がある方は色んな会社を見てみてください!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

松村さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。