株式会社オーツーに内定した山中さんインタビュー|お知らせ

株式会社オーツーに内定した山中さんインタビュー

『ぷよぷよ!!クエスト』など、数々のタイトルを手掛ける株式会社オーツーに大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームクリエイター学科・山中さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

ようやく内定を取れた安堵と自分自身の今までの行いが報われた喜びで胸がいっぱいです。本当に嬉しいです。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

ゲームをきっかけに家族との仲が深まったり、友人が増えたりと私のこれまでの人生でゲームというのはかけがえのないものの1つでした。そんなゲームで生まれる繋がりというものを自分自身の手で作りたいと思いゲーム業界を目指すようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

入学後すぐに行われるチームを結成してのゲーム制作というのが非常に魅力的に思いました。実際の現場と近い体験を入学直後の早い段階で経験できるのは凄いと感じました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

入学前は特にないです。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

ONとOFFの切り替えが凄いと思っています。休み時間は皆でワイワイゲームをしたりして楽しんでいますが授業になると集中力が凄く、グループディスカッションの時間はやはり全員プランナー志望だと言わんばかりにそれぞれの考えを熱意を持って話したりと、クリエイター学科として質の高い授業が出来ていると思っています。本当に凄いです。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

1年生の初めに講師の小笠原先生の授業で行った、”パックマンの仕様書作りをしよう”という授業が本当に印象に残っています。当時プランナーについて、まだあまり知らない時期に行われ初めてのプランナーの仕事を経験したからだと思います。
基礎の基礎ですがまったく知らなかったので、自分が一段ずつプランナーに近づいている事を認識できた授業でもありました。あの授業は今後も二度と忘れません。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めてのゲーム制作という事もあって大変なことだらけでしたが、チームメンバーとほぼ毎日通話をしながら作業に勤しんだ日々は忘れません。どれだけ制作に行き詰まってもチーム全員で支え合い、時にはリフレッシュの為にゲームをしたりもしました。私としても初めての制作にしては、自分なりにチームとの絆を深め、ゲームの完成にもよく持っていけたかと思っています。

Q8.誰かに自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

制作に携わってくれた声優学科の学生さんに、実際に遊んでもらった反応を見た時は本当に完成して良かったと思いました。
自分の作ったゲームで遊んでもらえる人が笑顔になって欲しいという願いが初めて叶った瞬間だったため、とても嬉しかったのを今でも覚えています。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

学校で行われたクリエイター面接です。
この面接のおかげで私は今の会社に内定を頂いたので、自分が行きたいと思える企業であり、自分の事を受け入れてくれる企業に出会えた場を作ってくれたクリエイター面接に心から感謝しています。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

プランナーとしてまだまだ足りない所だらけなので、入社後はとにかく先輩方から技術や経験値等を吸収したいと思っています。そしてプランナーとして現場で任せられるような人材になるために日々努力を怠らないようにしていきます。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

自分自身のクリエイターとしての強みというのはよく知っておいた方が良いと思います。就職活動までの短い期間で自分をどうアピールするのかをよく考えて欲しいです。そして辛くても立ち止まることなく、ゲームが好きという事を忘れないまま真っ直ぐ業界に進んでください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山中さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。