株式会社AHIRUに内定した松本さんインタビュー|お知らせ

株式会社AHIRUに内定した松本さんインタビュー


マルチプラットフォーム対応ゲームエンジン 「OROCHI」の国内販売、ならびに開発およびサポートをおこなっている株式会社AHIRUに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・松本さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

無事に終わってよかったと思います。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

小学生の時にクリアしたゲームのエンディングを見たときにここに名前を載せたいと思ったからです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

実際に働かれている講師の方々に教えてもらえるのと、3学科共同でゲーム制作ができたからです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ありません。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

個々にも仲が良いという感じですが、全体的な雰囲気もいい方だと思います。授業でも、わからないところを聞けばすぐに教えてもらえてありがたいです。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

五十嵐先生の授業です。3Dゲームを作るうえでとても理解を深めることができました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

最初のゲーム制作で2日分のデータが消えるなど問題が起きてしまい戸惑いながら制作していましたが、講師の方々や友人に相談して無事に形にすることができてよかったです。また、プランナーやグラフィッカーと話し合いながら制作するのは楽しかったです。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

褒めていただけることもあるのですが、厳しい指摘をいただくことのほうが多かったです。でもまだまだ勉強が足りていないと感じましたし、できることがあると思いました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

最終面接までいき課題を提出して、最大限やれるだけの事をした上で結果をまっていましたが、うまくいかず落胆した時がありました。今となっては良い経験をしたと思っています。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

常に進化を続けるゲーム業界で自分のスキルを磨き続け、ゲームのエンディングに自分の名前を載せたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

やっておけばよかったと後悔しないように、何事にもチャレンジをして後悔しない選択をして頂きたいです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

松本さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。