株式会社ボンズに内定した佐々田さん インタビュー|お知らせ

株式会社ボンズに内定した佐々田さん インタビュー

 TVアニメ『僕のヒーローアカデミア』、『鋼の錬金術師』、『交響詩篇エウレカセブン』など人気作品の制作を手掛ける株式会社ボンズに内定が決まったアニメーション学科・佐々田さん。
アニメーション業界を目指すきっかけ、学校での生活や制作の様子、そして将来の目標などを答えてくれました!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.アニメーション業界を目指したきっかけは?
幼いころからアニメが大好きで、漠然と映像に関する仕事がしたいなと考えていました。

Q2.大阪AMGに入学を決めた理由は?
当時通っていた高校で実施された進路ガイダンスで、直接大阪AMGの先生の話を聞いて、「絵が描けなくてもアニメは作れる」という言葉をきっかけに、アニメーション学科の制作・プロデューサー専攻への入学を決心しました。

Q3.役に立った、印象に残っている講義は?
作画の授業です。作画の技術を知れることはもちろんですが、忘れたころにやってくるアニメ鑑賞の授業が大好きです。加えて、視聴するアニメのチョイスが絶妙で毎回インスピレーションを受けていました。

Q4.アニメーション制作の思い出は?
1番記憶に残っているのは、完成した作品が予告編になったことです。
夏期休暇の制作管理が甘かったのが原因でした。その時に限らず、うまくチームを管理することができず歯痒い気持ちになったのを、昨日のことのように覚えています。

Q5.今後の目標や決意を教えてください。
まずスタッフロールに自分の名前を載せるのが目標です。
アニメーターの方々と多く仕事をし、私の名前をたくさんの人たちに良い意味で覚えてもらえるように仕事を頑張っていきたいです。

Q6.これからアニメ業界を目指す方へひとこと!
制作はTry&errorの繰り返しだと思います。自分が壊れてしまわない程度に頑張りましょう!!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

佐々田さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。