ジェムドロップ株式会社に内定した中村さんインタビュー|お知らせ

ジェムドロップ株式会社に内定した中村さんインタビュー


『STAR OCEAN THE SECOND STORY R』『呪術廻戦 戦華双乱』など数々の有名タイトルを手掛けるジェムドロップ株式会社に、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!


内定者であるゲームプログラマー学科・中村さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

早めに決まったので授業やゲーム制作に集中できてよかったです。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

モノづくりが好きで、その中でもゲーム作りが一番楽しかったからです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

チーム制作、特待生の授業料減額、2年制という3点を満たしていたためです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

Unityを使って1人で小さなゲームを作ったことはあります。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

すごく集中できる環境で授業も分かりやすく、わからない所やヒントなどを質問してました。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

全ての先生の授業内容が大事だと思います。それらを組み合わせることでよいゲームを作ることができました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めてのチームでのゲーム制作だったので、ただ一人でプログラムするだけじゃなく、チームワークや他のメンバーが作業しやすいように心がけました。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

全部クリアしてもらったり、楽しそうにプレイしていただいてうれしかったです。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

冬期の個人制作と共同制作を両立して行うことで書類や面接で書く内容、話す内容が増えてよかったです。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

入社後は早く一人前になって、自分が作ったと言えるゲームを作りたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

頑張ってくださいとしか言えませんが、失敗を恐れずにチャレンジしてもらいたいです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

中村さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

合格特典・プレスクール!

AO入学、特待生入学合格特典プレスクール
2024年スケジュールを公開しました

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。