株式会社スパイク・チュンソフトに内定した三口さんインタビュー|お知らせ

株式会社スパイク・チュンソフトに内定した三口さんインタビュー


『レインコード』『なつもん! 20世紀の夏休み』や『不思議のダンジョン』『ダンガンロンパ』シリーズなど数々の有名タイトルを手掛ける株式会社スパイク・チュンソフトに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!


内定者であるゲームプログラマー学科・三口さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

解放感がすごいです。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

4歳頃からゲームが好きだったことと、コロナ禍で大学生活がうまく行かなくて別の進路に進もうと決めたことがきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

就職実績や学校の雰囲気、2年制のカリキュラムなど総合して考えた結果です。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

全くないです。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

クラスの雰囲気は悪くないです。昼休みにはワイワイ騒ぐこともあるし、授業中は真面目に授業に取り組んでいます。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

五十嵐先生の授業です。ゲーム制作だ!って感じがすごくします。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めてのチーム制作だったのですが、ちゃんと他の職種の人と話し合っていいゲームにしようと頑張りました。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

良いフィードバッグを貰えたときはやっぱりとてもうれしいです。少し厳しい意見やアドバイスも次に生かすためにしっかり受け止めています。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

面接練習です。人と話すのは得意だと思っていたのですが、いざ本番になるととても緊張しました。しっかり練習しましょう。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

自分の代表作!といえるようなゲームを作りたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

楽な道ではないですが、チャレンジと努力とゲームへの愛を忘れなければ必ず報われると信じています! 一緒に頑張りましょう!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

三口さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。