株式会社スパイク・チュンソフトに内定した沖野さんインタビュー|お知らせ

株式会社スパイク・チュンソフトに内定した沖野さんインタビュー


『レインコード』『なつもん! 20世紀の夏休み』や『不思議のダンジョン』『ダンガンロンパ』シリーズなど数々の有名タイトルを手掛ける株式会社スパイク・チュンソフトに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!


内定者であるゲームプログラマー学科・沖野さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

安心はしましたが、東京は家賃が高いのでどこに住もうかとか、業界でしっかりやっていけるのかという不安も同時にあります。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

元々ゲームが好きで、最近だと個人でゲームを作る人も現れていたので、自分もいつかは作りたいと思っていたところ、大学中退を機に本格的に考えるようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

年齢的なことも考えて2年制のところを探しており、共同制作に魅かれて決めました。

*共同制作とは―― ゲームクリエイター学科、ゲームプログラマー学科、ゲーム・アニメ3DCG学科が合同でチームを組み、ゲーム制作をおこなうAMGならではのカリキュラム

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

まったく違う方面からのチャレンジだったので、すべてが未経験でした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

少人数クラスということもあり、落ち着いた環境で授業を受けられていると思いました。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

どの講師の方々の講義も大切でしたが、実際に講義の中でゲームを作り始めるのが早かった五十嵐先生が特に印象に残ってます。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

どんなゲームを作るかは既にプランナーの学生が決めているのですが、より良いゲームを作るため、自分からも色々提案するようにしました。
プログラマー間だけでなく、他職種間との意思疎通も大切だと実感できた良い機会になったと思います。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

自分の担当した部分に触れられたときは嬉しいです。そこで伝えられた改善点・良かった点などを聞くことがモチベーションに繋がりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

年齢的なことを考えて書類選考も厳しいかな?と思っていたら、意外と通過できたので自分は面接練習に、より力を入れました。
自分は元々医学部に通っていたので、どこの会社に行っても必ず大学から専門学校に行くことになった経緯を聞かれました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

まだまだ知識も技術も未熟なので、人一倍努力してなるべく早く第一線で働きたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

年齢的なことは気にしなくても大丈夫です。企業の方々に聞いても、20歳後半で新卒の方は結構いるようです。

自分が出来ることをしっかりやって、そこをアピールできれば必ず就職できます。2回目の共同制作は参加することをおすすめします。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

沖野さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。