株式会社ジーンに内定した河原さんインタビュー|お知らせ

株式会社ジーンに内定した河原さんインタビュー


株式会社ジーンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!

内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・河原さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

とても嬉しいです。安心しました。

Q2.CGクリエイターでゲーム業界やアニメ業界、CG映像業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

ゲームがどのように作られているのか興味深く、元々ものづくりが好きなのもあり、この業界を目指しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

オープンキャンパスに参加した際に、私が当時に描いていたイラストを見せました。その時にとても的確な指摘をしてくださった事もあり、大阪AMGでならいろいろな知識を得ることができるかもしれないと思ったからです。

Q4.入学前に3DCGなどを勉強はしていましたか?

3DCGのソフトを一度も使用したことがなく、モデルがどのように作られているかの知識もまったくありませんでした。 でも入学して基礎から丁寧に教えてくれるので、安心して授業を受けることができました。

Q5.ゲーム・アニメ3DCG学科での授業や教室内の雰囲気はどうですか?

みんな授業や制作には本気で取り組んで、昼休みは明るくワイワイと雑談やゲームを含むさまざまな情報交換をしています。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

越智先生の授業です。 Zbrushでのスカルプト授業では基礎の事から教えてくださり、質問をするとわかりやすく詳しく教えてくださるので、とても勉強になりました。

Q7.大阪AMGゲーム・アニメ3DCG学科に入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

ゲーム制作は初めてでしたので最初はとても心配でしたが、どんどんと完成が見えてくるにつれ、気持ちが高ぶりました。
完成した時も達成感があり、チームで完成させる事にとても楽しさを感じました。

河原さんの作品

Q8.秋季制作発表会や春季制作発表会等で自分の作品をゲームやアニメ、CG映像業界の方に直接、観てもらった時の感想を教えてください。

プロの目線からいろいろなアドバイスをいただき、その時に自分のポートフォリオの作品がまだまだできていない事に気づきました。ですが、同時にプロの方とも直接話せるので勉強にもなりました。
そこからはアドバイスで取っていたメモを見ながらブラッシュアップをしていき、作品選考も通るようになりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

面接練習をしたいと先生にお願いすると、日程を合わせて面接練習をしてくださいました。いろいろな質問をしてくださり、その回答に対して細かくアドバイスをくださったので実際の面接では自信をもって挑むことが出来ました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

誰もが面白いと言ってくれる世界に大ヒットするゲームを制作したいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

制作での失敗や就職活動で挫折する等大変なこともあるかもしれませんが、諦めずに頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

河原さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

合格特典・プレスクール!

AO入学、特待生入学合格特典プレスクール
2024年スケジュールを公開しました

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。