株式会社コーエーテクモホールディングスに内定した徳永さんインタビュー|お知らせ

株式会社コーエーテクモホールディングスに内定した徳永さんインタビュー


『信長の野望』や『三國志』シリーズなど数々の有名タイトルを手掛ける株式会社コーエーテクモホールディングスに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!

内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・徳永さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

就職は通過点の一つなので内定をもらったことはうれしいですが、そこからCGデザイナーとしてどう進化していくかなので心境に変わりはないです。

Q2.CGクリエイターでゲーム業界やアニメ業界、CG映像業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

昔から映画や音楽など創作系の仕事に就こうという憧れがありました。自分で映像などを作成できるCGデザイナーを選んだのは、昔からの思いとCGで色々表現できることが自分に向いていると思ったからです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

大学を卒業後、専門学校に進むことを決めたので、学費や年齢面で2年制の学校を探していて就職実績や実践的なカリキュラム内容でAMGに決めました。結果的に後悔のない選択でした。

Q4.入学前に3DCGなどを勉強はしていましたか?

入学前に少しだけ勉強していましたが、今思うと独学ではやはり限界があったので余り役には立たなかったなと思っています。

Q5.ゲーム・アニメ3DCG学科での授業や教室内の雰囲気はどうですか?

自分は大卒で入学したのですが、クラスで浮くことはなかったです。ただ共同制作など実践的なカリキュラムが多いので、メリハリをつけて自分自身と向き合えないと希望する企業への就職は難しいと思います。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

CGアニメーション授業の講師である里村先生と、就職指導の八木先生です。お二方にはお世話になりました。

Q7.大阪AMGゲーム・アニメ3DCG学科に入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

CGを学び始めて3か月目でゲーム3学科の学生でチームを組み、短期間のスケジュールでゲームを完成まで作りきるという体験は、今の自分から考えると貴重で何者にも代えがたい経験でした。

徳永さん作品

Q8.秋季制作発表会や春季制作発表会等で自分の作品をゲームやアニメ、CG映像業界の方に直接、観てもらった時の感想を教えてください。

プロの方に直接、自分が作った作品を見て意見までいただける貴重な機会だと思いました。
自分の作品に対しては自分の考えだけだと妥協などが出てしまいますが、プロの方に見ていただいて、ダメなところや自分でも気づいていない箇所について、歯に衣着せぬアドバイスがもらえたことは、その後のクオリティーアップの過程で大変参考になりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

一番は面接対策です。キャリアセンターの八木先生には、何度も面接練習をしていただきました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

企業に入社してからもCGデザイナーとしての仕事をして、責任を持って作品を作り続けたいです。
また、「CGWORLD」に作り手として載るのが当面の目標です。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

入学して勉強しても就職までの道のりは楽ではありませんが、自分自身を信じて悔いのないように頑張ればチャンスはあります。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

徳永さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

他にこんな記事も読まれています

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。