アイディアファクトリー株式会社に内定した池田さんインタビュー|お知らせ

アイディアファクトリー株式会社に内定した池田さんインタビュー


『超次元ゲイム ネプテューヌ GameMaker R:Evolution』『薄桜鬼 真改 万葉ノ抄』など数々の有名タイトルを手掛けるアイディアファクトリー株式会社に、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!

内定者であるゲームクリエイター学科・池田さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

今でも夢なんじゃないかと思うときがあります。 少しずつ実感を得ながら、入社に向けて準備を進めていきたいと考えています。あと、やはりすごく嬉しいですね!!!

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

あるゲームに勇気を貰ったことがきっかけです。 クリアした後に、将来について考えたとき、自然と「ゲームに貰ったものを、今度は私がゲームを通して誰かに届けたい」と考えるようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

特待生制度があったことが大きいです。 私は大卒で既に奨学金を借りていたため様々な入学区分を用意している大阪AMGを選びました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ありませんでした。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

とても賑やかなクラスです。 ゲームを作りたいという想いのもと集まった生徒たちなので、雰囲気がとても良いなと感じています。 (自分で言うのもなんですが)個性的な私を受け入れてくれる、もしくは超えてくれるユーモア溢れるクラスメイトがたくさんで、学生人生の中で最も楽しい日々を過ごしています。
また、先生方も「積極的に頼ってほしい」と仰ってくださるので、とても有意義な毎日を過ごすことが出来ています。

Q6.印象に残っている授業や講師の先生はいますか

担任の横山先生には、PDCAサイクルやKPIなど開発で覚えておくべきことを、 小笠原先生には企画書や開発したゲームにたくさんのアドバイスをいただきました。
他にも、黒田先生や下間先生の授業を通して、プレイしたことのないアナログゲームに触れ未知のジャンルを知るきっかけを、 阿山先生にはモデリングツールでの物の作り方やカメラ機能の使い方を、 北村先生には作成したモデルをAR化していただいたり、 宮本先生には企画書やポートフォリオの作成のデザイン面でとてもお世話になりました。
五十嵐先生にはプログラミングだけでなくエフェクトやライティングなど、 三條先生にはプランナーとして働いていく心づもり、香川先生にはブレインストーミングの手法だけでなくカメラのレイアウトや撮影に関して気を付けるべき演出を、安道先生にはシナリオや世界観に関することだけでなく哲学や経済のお話など様々なこと教えていただいました。
どの授業も楽しく、且つ勉強になることばかりで、充実した学生生活を過ごしています。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

チームということもあり、様々なトラブルもありましたが、とても楽しく、且つやりがいのある日々だったなと感じられることが一番の思い出です。 誰かと一緒に、試行錯誤することが好きなのだと再認識出来たことが嬉しくもありました。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

とにかく緊張しました。 アドバイスや質問を通して開発当時の自分が考えもしなかった視点に立つきっかけをいただけて嬉しかったです。 また、私が夏期共同制作で開発したゲームは12ステージ構成になっていたのですが、「面白い」と全ステージクリアを目指し、たくさんプレイしてくださった方もいらしたことが印象深かったです。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

たくさんの先生が気にかけてくださったことです。 担任の横山先生はもちろんのこと、講師の先生方、他学科の先生まで、声をかけてくださいました。 また、クラスメイトも面接前になると「頑張れ」と応援してくれるので、とても心強かったです。
そんな暖かい環境がやはり印象深いです。 たくさんの人に支えていただいたからこその内定だなと感じています。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

ゲーム業界を目指したいと考えた理由である、「ゲームを通して誰かに笑顔や勇気を届けられる人になる」ことは絶対の目標です。この目標にゴールはないと考えているので、ずっと走り続けていたいです。
また、一緒にゲームを開発していて「池田が居てくれたら心強い」と信頼してもらえる人になりたいです。 その先でプロデューサーに信じて選んでもらえるようなディレクターに就いていたいと現在は考えています。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

私は4年生の大学を卒業したあと、すぐに大阪AMGに入学したという経歴があります。 そのため、クラスメイトとは年齢差もあり、その差が全く気にならないこともあれば、大きいなと思うこともあります。 それでも、年齢なんて関係無いと強く感じています。 もし、私と同じような経歴をお持ちで、今からゲーム業界を目指していいのかと悩んでいる人が居ましたら、そんなことは気にせず飛び込んでみてほしいなと思います。 自分が目指したいものに向かって走り続ける日々は、きっと有意義なものになるはずです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

池田さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

他にこんな記事も読まれています

平日 学校見学・個別相談会

学び直し、キャリアチェンジの相談がしたい!
普段の学校の様子がみたい

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。