株式会社カプコンに内定した南方さんインタビュー|お知らせ

株式会社カプコンに内定した南方さんインタビュー


『モンスターハンター』シリーズや『バイオハザード』シリーズ、『ストリートファイター』シリーズなど数々の有名タイトルを手掛ける株式会社カプコンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!


内定者であるゲームプログラマー学科・南方さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

努力が実りました。 平日も土日祝も長期休暇も休まず取り組んだ甲斐がありました。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

日本のゲームは世界中に愛されているだけでなく、誰かの人生の救いにもなっています。 自分もそんな方達を救えるゲームを作りたいと思ったからです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

認可校という安心感があり、ゲーム業界の「現役プロ」講師の存在、多くの企業との繋がりもあって就活イベントが充実していたからです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ゲーム制作ではないですが、中学生からロボット開発、アプリ開発、システム開発、モデリングなどの経験はありました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

自由でテストも少なく、自分のやりたい事に没頭できる環境です。
ゲーム制作時に動画を見ながら、曲を聴きながら、たまに糖分補給をしたりしながら、興味のある実装を黙々と進めて分からない所は概要だけを聞き、必要な時に調べるというやり方が出来ます。これは自分にとても合っていたと思っています。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

五十嵐先生は技術だけでなく、多くの企業の方との繋がりがあります。
担任や他の講師の先生方も同じで業界との繋がりがしっかりとあって、そのおかげで制作発表会も盛況かつ成功に繋がっていると思いました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

プランナーさんもデザイナーさんも向上心が強く、ゲームが完成してもアップデートし続けて素晴らしいゲームになりました。

パンフレット撮影にも参加しました

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

凄く自己肯定感が上がります。 アドバイスも的確です。 長期的な目で見てくれるので、具体的な新機能追加の提案もいただけました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

制作発表会でたくさんの企業の方に来ていただき評価をいただけた事です。 そこがきっかけとなり、面接までスムーズに進むことが出来ました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

ハングリー精神を忘れずにキャリアを積み重ねていきたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

競争社会です。なんとしてでも食い付かないと、あっという間に追い抜かれます。 文字通り「必死」になる必要があります。頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

南方さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

6/1(土)AOエントリースタート!

初年度授業料より10万円の免除と
入学前学習(プレスクール)に参加できる!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。