⇒9/30更新:新型コロナウイルス感染症に関する対応について

ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ
  3. 【特集】女子学生のぶっちゃけトーク♪(1/2)
2020年10月15日

【特集】女子学生のぶっちゃけトーク♪(1/2)

今回はAMGのゲームプログラマー学科の女子学生へのインタビューを、全2回に分けてお届けします♪
ということで、4名の学生さんに来てもらい、色々な質問に答えてもらいました!

画像

第1回目は、専門学校選び・普段の学校生活や今後の目標などを、ぶっちゃけトークしてもらいましたよ!
なんと、かわいい動物のぬいぐるみも連れてきてくれました。さすが女子♪キュンです!!

それではみなさん、よろしくお願いしま~す☆

Q.ではまず、AMGを知ったきっかけや、入学を決めた理由など教えてください!

睡眠さん:私はもともと声優を目指していて、ネットで声優の専門学校を検索をしてAMGを知りました。
なので最初は声優学科の体験授業にも参加していたんですけど、途中で進路変更してゲーム業界を目指すことにしたので、ゲームプログラマー学科の体験授業にも参加しました!
AMGに決めたのは、ここならではのプログラミング授業に魅力を感じたからです!

おさえさん:高校1年から通ってたんだよね!

睡眠さん:はい、超リピーターだったんですw
ゲーム業界を目指すようになってからは他にもA校のホームページとか見たんですけど、AMGの方が家から近かったのでそれも決め手でした!

おさえさん:私もAMGの他に、A校とB校のオープンキャンパスにも行きました。

ぴのんさん:私は友達とC校に行きました。

mioさん:私は高3でプログラマーを目指し始めました。プログラミングの授業が楽しいと感じたのと、ゲームも好きだったので、普通のSEではなくゲームプログラマーを目指そうと思いました。
そのときに、高校で開催された進路ガイダンスでAMGの話を聞いたのがきっかけです。

おさえさん:AMGは「業界就職率」が良い印象がありました。
A校は規模は大きくて就職率も100%と言っていたのですが、そのうちゲーム業界に行った割合は半分以下だと聞いて、「業界就職率」が高いAMGはすごいな~って思いました。
せっかく高い学費払うのであればしっかり業界就職したいじゃないですか!
あとオープンキャンパスもアットホームな雰囲気で良かったです♪

睡眠さん:私もAMGの「業界就職率」の高さは魅力に感じましたし、オープンキャンパスでアットホームな雰囲気なのと、担任の先生が明るかったのが良いと思いました。

ぴのんさん:私はC校に友達の付き添いで行ったときに、AMGと比較しました。でもその時はもうほぼAMGに決めていて…。
その理由が、高校で開催された進路ガイダンスで聞いた「共同制作」がとても良いなと思ったからです。あと、AMGのオープンキャンパスに行って、先生が面白い人だな~と思いましたw

mioさん:私は母とAMGのオープンキャンパスに参加したんですが、SEの仕事をしていた母が楽しそうにしてるのを見たのもきっかけです。
あと、AMGは御堂筋線も使えるので梅田や難波へのアクセスも良いですし、ええやん♪ええやん♪って(笑)
それから、私も高校生の時に「共同制作」の話を聞いて、AMGは座学ばかりではなくて実戦形式なところが良いなって思いました。

画像

Q.実際入学してみてどうですか?ギャップとかありました?

睡眠さん:最初はコロナの影響でほぼオンラインだったんです。
そのあと6月から分散登校になっていったんですけど、クラスの雰囲気に慣れるのが時間かかりました。
今は、分散登校で同じグループだった人たちとはとっても仲良くなりました!
違うグループの人たちとはこれからって感じです。女子はみんな仲良しですけどね♪

おさえさん:オンラインのときは本当に交流できなかったです…。

ぴのんさん:周囲の生活音とかも気になってオンライン授業に集中するの大変でした。

睡眠さん:ちなみに、私たちのグループは騒がしいですよw

ぴのんさん:登校したら、「おはよ~っ!あのガチャ引いた?」みたいな感じだよねww

mioさん:私たちのグループは、…良く言えば物静かですw

おさえさん:うんうん、大人しいよね。登校したらみんな自分の世界に…(笑)

★そうでしたねー、最初の頃はオンライン授業で基本在宅…。でも授業がスタートしてからは、楽しく過ごせているみたいですね♪
グループによって雰囲気も違うのも面白い(笑)やっぱり学校に通えるのって大事なんですね☆

Q.ところで、プログラマーって男子のイメージ強くないですか?抵抗はなかったですか?

一同:全然!

睡眠さん:全然不安とかなかったです。

おさえさん:みんな普通に仲良いですよ!

mioさん:というか、そんなこと気にしていたらやっていけないですよ~w

睡眠さん:そもそも男女比とかを気にしていなかったくらいです。普通にプログラマーになりたいって思っているので。

ぴのんさん:私も、ずっとゲームが好きだったので元々男友達も多いですから気にならないですよ。

画像

★ふむふむ。確かに本当に好きなものであれば男女比は気にならないのかもしれないですね。
みなさんの熱意がとっても伝わってきました♪ 素敵です!

Q.では、みなさん将来はどんなゲームプログラマーになりたいですか?

おさえさん:プランナーの要望にしっかり応えられるプログラマーになりたいです!

mioさん:うんうん、プランナーの要望に応えつつ、自分が面白いと思える要素も取り入れられるプログラマーになれたらいいなって思います。

おさえさん:これ、前の人の答えにどんどん付け足していくやつ?w

一同:wwwえー、覚えとかなwww

睡眠さん:ちゃんと自分の意見あるよ!ww
私は技術面の上達はもちろんなんですけど、コミュニケーションもしっかり取れるようにしたいです!
ずっとPCとにらめっこではなく、仲間と楽しみながら、助け合いながら仕事していきたいです。

ぴのんさん:みんなと同じ部分もありますが、やっぱり自分が楽しいと思えるようなことをやっていきたいです。

★まだ1年生なのに強い意志や、明確なビジョンを持っていて素晴らしいっ!
いろんな考えがあって、聞いていて楽しいですね♪
それにしても、みんなしっかりしているなぁ~。感心感心!

————————

さてさて、このあたりで第1回目は終了!

つづきは次回♪

第2回目では、同じく4名のみなさんに、高校時代のエピソードや休日の過ごし方などをインタビュー!!
ゲーム業界を目指す女子たちの生態に迫ります(笑)
そして、これから業界を目指す方、進路を考える方へのアドバイスなどもお聞きしたいと思います!

お楽しみに~☆☆

pg_moji

taiken