★ますもとたくや先生・特別講義★|ブログ

ノベルス文芸

2021.12.10

★ますもとたくや先生・特別講義★

11月後半のノベルス文芸学科《特別講義》のゲスト講師は、脚本家・ますもとたくや先生でした!

ますもと先生といえば、『ONE PIECE』をはじめ、『ゾンビランドサガ』『けものフレンズ2』などのテレビアニメ脚本や、『コドモ警視』『表参道高校合唱部!』『婚活刑事』などのテレビドラマ脚本、『暁のヨナ』の舞台脚本など、数々の著名ヒット作を手掛けてこられたベテラン脚本家です!

また、近年では『マイダスタッチ~内閣府超常経済犯罪対策課~』シリーズ、『きゃくほんかのセリフ!』シリーズなど、小説執筆も!

まずは、小説と脚本の違いについて。
書き方はもちろん、仕事の仕方も、関わる人々も、収入(印税)の流れ等も異なるわけですが、どちらも経験してこられたますもと先生だからこそ、リアルに、詳細に語ってくださいます。

また、同じ脚本の仕事でも、ゲーム、アニメ、ドラマでは、やはり取り組み方が違ってきます。
そうしたお話を聞くことで、文筆業の視野を広げることもできた学生たち。

学生たちからの質問にも「いい質問ですね!」と、具体例を示しながら、授業時間をオーバーしつつ(笑)、すべてに答えてくださいました!

この日の講義で学んだことをぜひ、今後の執筆・創作活動に生かしていきましょう☆
そして……12月にも新たな《特別講義》が!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。