ブログ

  1. トップページ
  2. ブログ
  3. ひたすら秋を折り続ける~ノベルス学科~
2018年10月24日

ひたすら秋を折り続ける~ノベルス学科~

ノベルス学科1年生の学園祭実行委員リーダーの山口歩です。

週末に迫りました学園祭。
秋の涼しい風が頬を攫(さら)っていく今日この頃、ノベルス学科1年生は今日も折り紙と戦っています。

なお経験値は1ミリたりとも入ってきません。精々、1週間ぐらい手先が器用になったかもしれないと思い込む程度でしょう。

折る物はモミジ、イチョウなどが中心です。
折ったら箱いっぱいに詰め込んで、後日教室や廊下の装飾に使用します。

これをあとそれぞれ2箱程用意して、やっと足りるかどうかです。道のりは長い。

そして用意するのは何もこれだけではありません。華ボールという、天井から吊るすナニカも作らなければならないのです……。

中には自分の不器用さに絶望し、ダウンしてしまう生徒も……。

勿論、用意するのは装飾だけで終わりません。

 

続いて短編冊子の作成です。有志で募った短編を冊子の形にします。

束ねて……

それを折り……

最後に綴じて完成!

 

更に、小規模ながら、なんとステンドグラスも作成します!

最後に、どんなテーマがリレー小説に相応しいかを、実際に書いて試します。
皆書くことは慣れたもので、これはスラスラと進みました。

 

まぁ、中身は意味不明だったりゴチャゴチャだったりと、とても真面目に読めたものではありませんが。
流石リレー小説。

学園祭で、来場した皆さまに楽しんで頂くため、もうひと頑張ります!
是非遊びに来てください!

 

学園祭のくわしい内容はコチラから