ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲームクリエイター学科
  4. 株式会社スパイク・チュンソフトに内定した南部くんロングインタビュー

GAME PLANNER NEWS

2020年12月13日

株式会社スパイク・チュンソフトに内定した南部くんロングインタビュー

株式会社スパイク・チュンソフトに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプランナー学科・南部稜翔くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
長かった……

nanbu01

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
当時遊んでいたゲームディレクターインタビューを見て、私もこの人のようにカッコよく周りから称賛される人になりたいと思ったのがゲーム業界を目指すようになったきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
ゲームクリエイターの専門学校に通いたかったからです。プレ講義に参加して、先生方や先輩とお話をして和やかな雰囲気に惹かれました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
したことはありません。

nanbu02

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
ゲームが本当に好きな人がいるので、時には真剣に、時にはゲームについて和気あいあいと語ることが出来る良い雰囲気でした。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
ゲームの共同制作中、いろんな先生方からアドバイスをいただいていたのですが、特に小笠原先生には長い事お付き合いいただき何度も助けられました。
安道先生にも世界観やストーリーの添削を放課後のお忙しい中していただきました。講義でも安道先生の講義は興味深いものが多く、座学がほとんどでしたが眠くなることは一度もありませんでした。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
最初は頂くアドバイスや意見は全てゲームに組み込むべきだと考えていたため、その結果コンセプトが曖昧になってしまったり、自分が作りたかったゲームは何なのかと迷走状態に陥ってしまうことがありました。
ディレクターの自分が一番しっかりしないといけなかったのに、チームの皆が自分を助けてくれて、放課後になっても誰一人帰りたいとは言わず、夜の8時過ぎまで話し合いに付き合ってくれました。その結果、遂にこのゲームのコンセプトが確定し、それに合ったゲームデザインやシステムを実装していきました。
学園祭でも多くのお客様に遊んでいただき、企業の方からも「操作システムと世界観がよくマッチしている」と評価を頂きました。この共同制作の経験があったおかげで、ゲームを作るときは一度決めた芯は最後まで揺らがさず作り続けることが重要だと気づけたし、ゲームは1人で作るんじゃない。仲間と助け合いながら作るものなんだと実感しました。

nannbu05
仲間と作るからゲームだと実感しました

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
やはり率直な感想として、頑張って作ってよかった!!これに尽きますね。
そしてプレイして笑ってくれるお客様を見ると「あぁやっぱり自分はゲームプランナーとしてゲーム業界で働きたいんだ!」と強く思うイベントでもありました。企業の方からも褒めていたただくこともあれば気になる部分、不満に思う部分を話してくれて、企業のフィードバックという点でも非常に貴重な体験でした。
あと地味に親に自分が制作したゲームをプレイしてもらうことが夢だったので、学園祭でそれが叶って嬉しかったです!

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
ゲームクリエイター育成講座に参加したことがありますが、イベントでは5人ほどのチームを組み新規会社として社是や方針を掲げたパンフレットを作成し翌日にプレゼンするというものでした。
私は当日発表者としてプレゼンを行ったのですが、企業の方に散々突っ込まれ、賞状も私の他に参加していた2人は見事表彰されたのに、私たちのチームはされなくて帰りに悔し涙が止まりませんでした。参加した友達や先生は必死に慰めてくれましたが、かえって涙が止まりませんでした。
そしてこの時「もっと努力しなきゃダメだ。今日言われたことを頭で何度も反復させて行動に起こさなきゃダメだ。」と、個人的にクリエイターとして大きく成長できたイベントであり、今でも強く印象に残っている出来事です。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
ゲームディレクター!!周りから信頼され賞賛される人になる!!

nanbu01

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
大阪アミューズメントメディア専門学校ではゲームクリエイターになるため、たくさんの知識や見識を積んでいきます。それはもちろん楽しいことばかりでなく、多忙な業務に追われ辛いこともあると思います。しかしここで経験したことは、必ず将来のための糧になります!そして企画系は考えることが仕事ですから、入学してからはいろんな事に興味を持って視野を広げてみて下さい!!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

南部くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。