ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲーム・アニメ3DCG学科
  4. 株式会社ジーンに内定した藤本さんロングインタビュー

GAME ANIME 3DCG NEWS

2020年11月27日

株式会社ジーンに内定した藤本さんロングインタビュー

株式会社ジーンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・藤本実紀さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
とても嬉しかったです。来年から活躍できるように、イラストやアニメーションの勉強も頑張ろうと思いました。

fujimoto02

Q2.ゲームやアニメ業界でCGクリエイターを目指したいと思ったきっかけはなんですか?
幼い頃から絵を描いたり、兄と一緒にゲームで遊んで過ごしていました。将来は絵を描く仕事に就きたいと考えていた高校生の時に、「オトカドール」というアーケードゲームのグラフィックの美麗さに惹かれ、ゲーム業界を志すようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めた理由は何ですか?
共同制作や現役の講師の先生方の授業があるなど、実践的なカリキュラムが魅力的だったからです。また、JR新大阪駅の徒歩圏内なので、通いやすい部分も決め手の一つです。

fujimoto04

Q4.入学前に何かしら絵の勉強や3DCGの勉強などはしていましたか?
通っていた高校がデザイン科だったので、デッサンやPhotoshopを使ったポスターデザインの経験はありました。

Q5.実際に3DCGを勉強していかがでしたか?
難しかったです。私は2DCGを多く勉強したので、3Dができる人はすごいな~と思います。

fujimoto03

Q6.今までで印象に残っている講師や授業などはありますか?
2DCGの授業です。UIデザインを主とした授業内容で、UIデザイナーを志すきっかけにもなったので印象深い授業です。また講師の辻野先生には自主制作を見ていただいたり、とてもお世話になりました。

Q7.入学してからのクラスや授業の雰囲気はどうですか?
自由度が高いです。自分のやりたいことを勉強して先生に意見をもらって、そこからまた制作に活かすという流れが多かったです。クラスでは頑張る人とそうでない人の差があるので、流され過ぎずに頑張らないといけないです。

fujimoto01

Q8.大阪AMGに入学して行った『共同制作』での思い出を教えてください。
初めてのゲーム制作で素材の提出などに戸惑うことが多かったです。デザインの方向性がなかなかまとまらなかったり、足りない素材が次々出てきたり、大変なこともありましたが、プログラマーさんが素材を実装してくれた時は毎回感動していました。

Q9.就活指導や就職活動、ポートフォリオなどの作品制作で印象に残っていることは何ですか?
面接で直接作品の講評をしていただいたのはとても良い経験になりました。作品に対してだけでなく、ポートフォリオ全体の構成やデザインを褒めていただけたときはとても嬉しかったです。

fujimoto05

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
UIデザインだけでなく、イラストなども描けるデザイナーになれるように、無遅刻無欠勤で頑張りたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
この職種だから就活が簡単とかはないと思うので、自分でやりたいことや頑張れることを見つけたほうがいいです。頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

藤本さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。