ニュース一覧

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ノベルス文芸学科
  4. 卒業生渡馬 直伸さんが「冲方塾」にて優秀作に選出、雑誌掲載!

NOVELS WRITER NEWS

2016年02月04日

卒業生渡馬 直伸さんが「冲方塾」にて優秀作に選出、雑誌掲載!

ノベルス学科の卒業生による作品が、二次創作の新人賞にて優秀作に選出され、雑誌掲載されました!


SFマガジン2月号表紙

渡馬さんが挑んだのは、「冲方塾」。http://www.ubukata-juku.jp/
冲方丁先生の作品を基にした二次創作作品による新人賞で、『マルドゥック・シリーズ』(早川書房)、『天地明察』(KADOKAWA)、『もらい泣き』(集英社)をベースにした小説・マンガ作品を募集した、非常に珍しい公募企画です。

多くの応募作品の中、渡馬さんの『マルドゥック・クランクイン! ―if―』も優秀作に選出され、雑誌掲載もされました。
S-Fマガジン2016年2月号(12/25発売)にて、「冲方塾」小説部門マルドゥック・コース優秀作10篇として掲載されています。

長編のオリジナル作品以外でのチャンスという新しい実績をつかんだ渡馬さんから、コメントをいただきました。

-渡馬 直伸(とば なおのぶ)さんコメント-
この度はご紹介いただき、まことにありがとうございます。
『二次創作による新人発掘プロジェクト』という異例の新人賞でしたが、幸いなことになんとか結果を残すことができました。

「なんかカッコいいなー」というナメt……ゴホッ、漠然とした理由から作家を志した私に、講師の方々は小説を書く上で必要な心構えや技法をみっちり叩き込んでくださいました。
学校なくして現在の私はありえません。
卒業して幾年月。今、ようやく、僅かなりともそのご恩を返せましたでしょうか。

「書き続けていれば、結果は必ずついてきます」
講師の野島けんじ先生から頂戴したお言葉です。
書き続けて……諦めなくて、本当に良かった!

今、書いています。これからも書き続けます。
次もまた、良いご報告ができるよう精進いたします。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

「質の高い講義」と「少人数ゼミ」「個別指導」が小説家への道を開きます!
大阪アミューズメントメディア専門学校ノベルス学科の詳しいカリキュラムを紹介したパンフレットを無料で送付しています。

また、学校見学・体験説明会も随時行なっておりますので、ぜひお気軽にお越しください。