ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲーム・アニメ3DCG学科
  4. 株式会社SNKに内定した扇くんロングインタビュー

Osaka AMG NEWS

2021年08月04日

株式会社SNKに内定した扇くんロングインタビュー

株式会社SNKに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・扇 誠真くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
かなか就職活動が上手くいかず、本当に就職できるのか不安な気持ちで就活を行っていたので内定をいただけて今は、安心しています。

ougi02

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
高校2年生の時に初めてゲームを自作し、友達に遊んでもらったところ、何度も遊んでくれ楽しんでくれたことから、自分が開発に携わったゲームでたくさんの人に楽しんだり喜んでもらいたいと思い、ゲーム業界を志望しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
他の学校に比べ2年制というところに魅力を感じました。早く働きたいという気持ちが強かったので、2年間でしっかり学んでプログラマーとしてゲーム業界で働きたいと考えていました。
あとは、体験授業に複数回参加し、学校の雰囲気や先生の人柄がよかったのもAMGに入学する決め手となりました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
高校2年生からプログラミングを勉強し、2~3個ほどゲームを自作していました。高校3年の文化祭では、自分の作ったゲームを展示して色んな生徒の方に遊んでもらいました。

ougi06

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
お互いに切磋琢磨出来る環境だと思います。休み時間なども教えあったりと情報共有している姿がよく見られます。
非常に賑やかで、コロナの影響を感じさせない元気なクラスだと感じています。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
一番、印象的なのは、五十嵐先生の3Dの授業です。初めて自分が書いたプログラムでキャラクターを動かせた時、とても感動し、3Dの勉強を積極的にするようになりました。
3Dを積極的に勉強するきっかけになったため、五十嵐先生の授業を上げさせていただきましたが、どの先生もゲームを創るために使える知識を教えていただけるのでAMGに入学して良かったです。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
例年と比べて2か月も短い1か月という期間でのゲーム制作となってしまい、慌ただしくやっていたという印象が強く残っています。
ただ1か月という期間の中で一つのゲームを作り切ったということは、その後の自信にも繋がっていったので、結果論にはなりますが、これはこれで良かったなぁと今は思っています。

ougi05

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
正直、企業の方も現役で活躍されているプロなので厳しい言葉をいただくことが多かったです。
様々な指摘や改善方法など教えていただく機会もあり、プロの意見を間近で聞けてとても勉強になりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
面接というと堅苦しくてピシッとしないといけないのかなと思っていたのですが、笑う機会もよくあり、イメージとの差があったので少し驚きました。
普段から目上の方々と話す機会がよくあったので、その時話しているような感覚で、硬くならず、会話を楽しもうと思いながら面接していました。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
手にとっていただいたお客様に楽しかったと喜んでもらえるようなゲームを創るために努力を続けていきたいと思っています。

ougi01

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
私自身もそうでしたが、様々なことを経験していく中で挫折することもたくさんあると思いますが、失敗した数が多ければ多いほど知識として生かして次に繋げることが出来ると考えているので、失敗を恐れず前向きに様々なことに挑戦してもらえたらと思います。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

扇くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。