ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲーム・アニメ3DCG学科
  4. 株式会社バイキングに内定した前田くんロングインタビュー

Osaka AMG NEWS

2021年09月03日

株式会社バイキングに内定した前田くんロングインタビュー

株式会社バイキングに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・前田 亘輝くんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
周りが段々と決まっていく中不安もありましたが、無事決まって安心しています。

maeda004

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
色々なゲームをしていく中で沢山の感動やワクワクを体験することができ、次はそれらを提供する側に立ちたいと考えたため、ゲーム業界を志望しました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
他の専門学校と比べ、2年という短い期間でゲームプログラマーとして成長することができ、いち早くゲーム開発に携わりたいと考えていた私にはこの学校しかないと思い、入学を決めました。

maeda005

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ありませんでした。 ですので入学当時は自分にゲームを作っていけるか不安でした。 しかし、時間が経つにつれそのような不安はゲームを作る楽しさに変わっていきました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
授業中は静かで集中して先生の講義を受ける事ができる環境があると思います。 わからないことがあれば先生方から丁寧に教えていただけるので安心です。

maeda002

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
五十嵐先生の授業が印象に残っています。 就職活動の時に武器にしていたシェーダー技術を授業でもしてくださり、独学で学んでいましたがより理解を深めることが出来ました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
夏期共同制作では、他のチームのプログラマーが3名のところ私のチームは2名でした。 そこを、不利と考えず3人よりも多くの箇所を担当でき勉強し成長できると前向きに考えていました。 大変ではありましたが、その分チームワークも他のチームより上手くできたと思います。

maeda003

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
私が担当した箇所を褒められた時はかなり嬉しかったです。 そして、プロ目線だとまだまだ改善点もありそれらを指摘されますが、その知識はこれからの制作に役立てることが出来るので、成長することも出来るのでいい経験をすることができたと思います。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
面接ですね。 最初の面接では、かなり緊張して自分でも何を言ってるかわからなくなってしまうほどでした。 ですが、先生方との面接練習や企業との面接を重ねていくうちに、段々と慣れてくるのでこれから就職活動をする人は一度面接で落ちたからと言って落ち込まないでください。

maeda001

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
私の野望である、「誰かの1番になるゲームを作る」を叶えたいと思います。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
難しいことや、辛いことがあると思いますが諦めず挑戦し続けてください。 そうした努力はきっとゲーム業界でも役立てることが出来ます。 私達で最高のゲームを作っていきましょう!

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

前田くん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。