ニュース

  1. トップページ
  2. ニュース一覧
  3. ゲーム・アニメ3DCG学科
  4. 株式会社ハ・ン・ドに内定した堀江さんロングインタビュー

Osaka AMG NEWS

2021年10月04日

株式会社ハ・ン・ドに内定した堀江さんロングインタビュー

株式会社ハ・ン・ドに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームクリエイター学科・堀江 明良さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
高校生の頃から目指していた会社だったので、とても嬉しかったです。内定のお電話を頂いた後、真っ先に母に抱きつきながら報告しました。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
進路に悩んでいた高校3年生の春に、株式会社ハ・ン・ド様の「ガブッチ」を遊んだことです。その時に、老若男女問わず誰でも楽しめるゲームを開発するクリエイターに憧れました。

horie005

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
高校生の時に進路ガイダンスで、ゲーム共同制作や手厚い就職サポートなどについて知りました。その時に、「この学校ならゲームクリエイターになれそう」と感じたからです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ありません。

horie003

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
「自分の好きなこと」をありのまま全部出せるいいクラスだと思います。人の趣味を尊重して、時には共有し合うので新しい知識や経験を得ることが出来ます。また、昼休みには一緒にご飯を食べたり、放課後には教室でゲーム大会もしたりしてます。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
小笠原先生の初めて企画書を作る講義です。最初は企画書の綺麗なレイアウトや、読み手がどう感じるかなどの意識ということに気を使っていなかったので、見にくい企画になっていました。その時から、小笠原先生に「どうしたらもっと良くなるか」を教えて頂いて、少しずつ企画書を作るのが上手くなりました。

horie002

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
何をどうすればいいかなど答えが無い状態で、走り抜けた一番苦しくて楽しい1ヶ月でした。
常にチームで話し合って「何が足りないか、何から優先すべきか」を決めて制作をしていたので、もし誰かが欠けていたらゲームは完成していなかったと思います。

Q8.学園祭やビジネスデーで自分のゲームを遊んでもらった時の感想を教えてください。
チームで制作した我が子のようなゲームだったので、褒められたら本気で嬉しかったですし、ダメ出しされると本気で落ち込みました。

horie001
パンフレット撮影にも参加しました

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
一度、株式会社ハ・ン・ド様の書類審査に落選したことです。当時はとても落ち込みました。
その時から、提出する全ての書類の文章の添削や面接の練習など多くの先生方にサポートして頂きました。結果、志望していた会社に内定を頂けたので、先生方には感謝してもしきれません。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。
実際の業務はゲーム制作で経験したものの何十倍も難しく厳しいものだと思っています。ですが、出来る限り早く業務を理解して会社に貢献出来るクリエイターになりたいです。

horie004

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
これはゲーム業界を目指す人だけに限ったことでは無いのですが、自分の夢は諦めないでください。あとは、自分に対して常に素直でいて欲しいと思います。
僕は高校生の時から株式会社ハ・ン・ド様を目指して日々学んできました。一度落選したこともあります。しかし、諦めずにもう一度挑戦して内定を頂けました。なので、皆さんにも諦めずに夢は追いかけてみて欲しいです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

堀江さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、学校見学・体験説明会も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。