【ゲームクリエイター学科】タブ美ちゃんレポート!プロの技術開発イベントGTMFに参加してきました!周りはみんなゲームクリエイター!?これがゲーム開発勉強会です!|ブログ

【ゲームクリエイター学科】タブ美ちゃんレポート!プロの技術開発イベントGTMFに参加してきました!周りはみんなゲームクリエイター!?これがゲーム開発勉強会です!

タブ美です!
6月30日大阪、7月4日東京の2Daysで開催されたGTMFにゲームクリエイター学科の学生の私達も参加してきました!私はテクニカル系がとても大好きなのですが、入場している人たちのほとんどは現役のゲームクリエイターの方々と聞いています。学生の私達が参加して良いものなのか最初は少し不安でした…。

GTMF公式ホームページへのリンク

だって、大阪会場はグランフロント大阪のコンベンションセンターですよ!デートだって行かないですよ!大人が遊びに行くビルですもん!LUCUAのスタバでフラペチーノ食べるくらいで精一杯ですよ!
緊張のまま会場に潜入!
Game Tools & Middleweare Forum(ゲームのツールとミドルウェアの公開討論)の頭文字でGTMFなんですね、ちょっと賢くなったタブ美です!
セッション(発表)がABCの3つ会場で行われています。
各セッションの左に、どんな職種向けなのか印があります。デザイナーさんやプログラマー向けのものが多いですが、私達みたいな「プランナー」向けのセッションも多いですね。
さてセッションの前に展示会場に行ってみますね。
ゲーム開発していると学生でも開発ツールを多用します、このイベントはまさにゲームツールの見本市ですね!私達でも知っているUnreal EngineUnityだけでなく、グラフィックやサウンドのツール至るまで全部がこの部屋に詰まってます!
これはLive2Dですね!Vtuberの方がよく使われてますね、こんな操作のツールなんですね!今度学校で触ってみよう!
Live2Dのブースの方々には私達も随分丁寧に対応して頂きました、ありがとうございました!
こちらはAIQVE ONEさんのAIデバッグシステム。なんとチャットで指示をするとAIがダンジョンRPGをテストプレイしてくれます。これをつかうと、1人で3倍の量テストすることも可能なんですって、未来ですね!
さて、セッションもわかりやすくて、私はMapboxさんの地図を使ったシステムがとてもおもしろかったです、自分のゲームの企画にも使えそうです。技術から思いつく企画もあるんだなぁって改めて気付きました!
展示ブースでは、横山先生の5分間のライトニングトークも話題を呼んでいましたよ!その模様は↓の記事でチェックしてね!普段よりちょっとマジメモードの先生でした!

「ゲームエンジンがあればゲームはきっと作れます。ゲームクリエイターになるのは遠い夢ではない」横山理先生がGTMF2023で語るゲームクリエイター教育の未来。

私達も将来、ここに受講しにくるだけじゃなくて、自分たちがセッション出来るように慣れたら良いなって思ってます、ゲーム業界に入ったら皆でGTMFに集まろうね!

■ ■ ■

大阪アミューズメントメディア専門学校の入試情報
AO入学 第二期エントリー受付中💡7月21日まで!
特待生入学 第一期申込受付中💡7月25日まで!

■ ■ ■

オープンキャンパス情報は以下をクリック!

■ ■ ■

執筆:タブ美ちゃん

ゲームクリエイター学科イマジナリー(非実在)学生

歌って踊って絵もかけて、ゲームの企画もプログラムも出来ちゃう超優等生!とっても明るいクラスのリーダー的存在、技術系の記事を主に担当します!

オーキャン交通費サポート!

学校公式LINEをお友だち登録した全員
交通費サポートカードがもらえる♪

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。