都月景先生☆特別講義!|ブログ

都月景先生☆特別講義!

おはようございますこんにちはこんばんは! ノベルス文芸学科です!
六月上旬、ノベルス文芸学科《特別講義》のゲスト講師として、ゲームシナリオライター・都月景先生にご来阪いただきました!

講義中☆ 左が都月 景 先生・右は新井淳平先生
『サモンナイト』シリーズ(ナンバリングタイトルのみ、1~4は移植版)
都月先生の代表作といえば『サモンナイト』シリーズですが、最近はゲーム作品やノベライズだけではなく、漫画原作も手掛けておられます。
「小説も書きたい、ゲームシナリオも書きたい、漫画原作もやりたい!」という欲張りなノベルス文芸学科の学生たちにとって、まさに理想の将来像ともいえる方ですが……
『サモンナイト』ノベライズU:Xシリーズ
【左】コンシューマーゲーム最新作『MAGLAM LORD』(switch版)
【右】漫画原作最新作『百姫夜会‐傷痕契ル乙女達‐』
「現実はそんなに甘くねえ!!!」

ということで、今に至るまでの紆余曲折についてのお話をたっぷり聞かせていただきました。
その他にも、「ラノベ作家の年収って●●●●円って言われているけど、本当は……」「ソシャゲの制作費っていくらかかるか知ってる? だいたい●●●●円だよ」「最近勢いがあるのは漫画原作なんだけど、それって元は●●●●が多くて……」
等々の衝撃的なウラ話も飛び出し、学生たちに激震が走りました……やはりどの道も楽なんてことはなく、小説家、ゲームシナリオライター、漫画原作者、それぞれの苦労と楽しさがあるのです!

そして都月先生の作品といえば魅力的なキャラクターがたくさん出てくることで有名ですが、
そのコツは「キャラクターの分析と分解」………!?

ゲームシナリオはもちろん、小説でも使えるネタがてんこ盛りでした!!

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。