株式会社カプコンに内定した上田さんインタビュー|お知らせ

株式会社カプコンに内定した上田さんインタビュー

株式会社カプコンに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲーム・アニメ3DCG学科・上田 博斗さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。
夢の中で内々定を取り消されるぐらい、まだ内々定を頂いた現実味がありませんが、未来の事を考えこれからも自己研鑽していきます。

ueda05

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?
私の記憶は、コントローラーを触りクラッシュバンディクーを操作した3才から始まっていて、よりゲームの世界に入り込みたいと考えたところがきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?
2年制と短い期間で、なおかつゲームの制作を二回出来ると言う点で決めました。

ueda01

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?
ありません、ただ友達と学校の休み時間に遊ぶ様な些細な物ならありました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?
クラスは全体的に明るく、良好な人間関係をもてていると感じています。実際、意見交換などで就活に一役かっていたりと作品を見て評価し合う関係が築けている点は、向上心を持って制作できる環境だと感じています。

ueda04

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?
デッサンの吉岡先生とモーションの里村先生です。
まずデッサンの講義に関しては最初の授業から度肝を抜かれており、今までやってきた私のデッサンを確変させてくれた講義で、また一歩新しい世界が見えたと感じました。そして、私が内々定し結果を出せた大きな理由である里村先生です。先生のご指導のおかげで、作品だけでなく制作のスケジュールや考え方と他の面でも私を成長させて頂けました。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。
良くも悪くも自分の現場を知る良い機会だったと思います。偶然集まったチームメイトのおかげで自分の考えを変え大きな躍進に繋がった…気がする制作でした。

ueda02

Q8.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?
学校側から様々な方法で補助をして頂き、なおかつ学友の協力と全力で就活を終わらせて自分の作りたい物に集中したいと言う気持ちでいっぱいで全速力で走っていました。今は大分腑抜けております、そろそろ気を引き締めます。

Q9.入社後の目標や決意を教えてください。
最終的に自分の作ったゲームを出したいと考えておりグラフィックだけでなく、ディレクションも出来るようになりたいと考えています。そして、ゲームの歴史に名を刻める様な人間になりたいです。

ueda03

Q10.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。
どうしても実力主義になってしまう業界で一筋縄では行かないと思います。私も現在進行形で不安です、ですが世界の人々が熱中し感動させられる唯一の業界でもあると思います。私はこれからも精進します、共に世界に挑める仲間を楽しみにしています。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

上田さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパスも随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。