株式会社天雲 に内定した上野さんインタビュー|お知らせ

株式会社天雲 に内定した上野さんインタビュー

『鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚』や『ソロモンプログラム』など、数々の有名タイトルに開発協力をしている株式会社天雲に、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!
内定者であるゲームプログラマー学科・上野さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

とても安心しましたし、内定をいただけてうれしい心境です。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

昔からゲームが大好きで、自分が携わったゲームでたくさんの方に楽しんでもらいたいと思ったのがきっかけです。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

友達からの紹介で知り、現役プロ講師の方や就職率の良さを見て入学を決めました。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ありません。プログラムも入学してから初めて触れました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

集中していて、いい感じだと思います。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

五十嵐先生です。授業進行のテンポがゆっくりで、プログラムの説明もわかりやすい先生です。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

初めてのチーム制作でプログラマー以外の学科ともコミュニケーションをとれる機会でした。

クラスメイトといっしょに内定をいただけました

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

面接時に、笑顔で自分のゲームの話をしてくださったのを見てうれしい気持ちになりました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

書類落ちが多かったので、書類選考が通った時のうれしさはとても印象に残っています。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

初歩的なことですが、まず会社の雰囲気やルールに慣れることや1年後には後輩に教えれるようになることが目標です。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

プログラムなど、わからないことが多くなったり挫折しそうになることもあるかもしれませんが、諦めずに頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

上野さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

他にこんな記事も読まれています

声優スペシャルミーティング!

小林裕介さん、土岐隼一さん、山下誠一郎さん
2/24(土)スペシャルミーティングを開催!

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。