株式会社AHIRUに内定した山口さんインタビュー|お知らせ

株式会社AHIRUに内定した山口さんインタビュー


マルチプラットフォーム対応ゲームエンジン 「OROCHI」の国内販売、ならびに開発およびサポートをおこなっている株式会社AHIRUに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!


内定者であるゲームプログラマー学科・山口さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定を頂いた今の心境をお聞かせください。

嬉しいです。特にエンジンの開発に興味があり、それをしている会社に内定をもらえたのがよかったです。同時に業界でプログラマーとしてやっていけるのかという不安はありますが、入社前からできる限り勉強して、自信をもって入社できるようにしたいです。

Q2.ゲーム業界を目指したいと思ったきっかけはなんですか?

小さい頃に遊んでいた任天堂DSのRPGツクールがきっかけです。その時にゲームを作る面白さを知り、ゲーム業界を志すようになりました。

Q3.大阪AMGに入学を決めたのはなぜですか?

複数の学科が協力してゲームを完成させる共同制作というイベントが夏と冬にあり、それが面白そうだと感じたことと、他の学校で同じようなことをしている学校を見つけれらなかったからです。

Q4.入学前にゲーム制作の経験はありますか?

ありません。RPGツクールもDS以降は触っていませんでした。ただ、興味はあったのでプログラミングの勉強はしていました。

Q5.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

わからないことを共有して、助け合いながら解決できるくらい雰囲気が良かったです。

Q6.印象に残っている先生や講義はありますか?

西田先生です。10進数以外の進数を多用したり、ビット演算などが他の先生と比べると多くて印象に残っています。

Q7.大阪AMGに入学して最初の制作『夏期共同制作』での思い出を教えてください。

本来は2人のプログラマーでチームを組む予定でしたが、制作の前にチームメイトが辞めてしまい、結果的に一人でプロジェクトに取り組むことになりました。他学科の学生にフォローしてもらい、なんとか完成させることはできました。

Q8.企業の方に自分のゲームをプレイしてもらった時の感想を教えてください。

発見できていないバグが発生しないか、ゲームを面白いと思って楽しんでもらえるかなど、遊んでもらう前は不安が大きかったです。でも、いざ遊んでもらうと企業の方に楽しんでいただけたみたいで、ほっとしました。

Q9.就活指導や就職活動で印象に残っていることは何ですか?

企業の人に自分の作品のアドバイスをしてもらう機会が多くあり、そのたびに緊張しました。ゲームを見せるときは、いつでも不安になってしまうので、それが印象に残りがちです。

Q10.入社後の目標や決意を教えてください。

プログラミング自体好きなので、入社後も積極的に勉強して活躍できるようになりたいです。

Q11.最後に、これから業界を目指す皆さんへのメッセージをお願いします。

今からでも独学で少しでも勉強しておけば絶対役に立つので、ゲーム業界を目指すのであれば一度挑戦してみてください。頑張ってください。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

山口さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

合格特典・プレスクール!

AO入学、特待生入学合格特典プレスクール
2024年スケジュールを公開しました

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。