株式会社ナウプロダクションに内定した西川さんインタビュー|お知らせ

株式会社ナウプロダクションに内定した西川さんインタビュー

株式会社ナウプロダクションに、大阪アミューズメントメディア専門学校の学生が内定をいただきました!

内定者であるキャラクターデザイン学科・西川さんに、大阪AMGでの思い出や就職が決まるまでの道のりをお聞きしました

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

Q1.内定おめでとうございます!では、内定の知らせを聞いたときの気持ちを聞かせてください。

内定の連絡が来た時は、何かの間違いかなと思いました。戸惑いましたが、それ以上に嬉しさと就職への焦りから安心した気持ちが大きかったです。

Q2.大阪アミューズメントメディア専門学校で、就職に役立った講義や先生、サポート 制度はなんですか?

すべての講義が役に立ったと思います。
その中でもビジネスやマーケティングの講義では業界のことを知ることができたり、ただ描くのではなく企画意図や流行、ビジネスへの繋がりを考える機会になり、就活に向けた作品作りや就職活動にも役立ったと思います。

Q3.就職活動、指導での思い出のエピソードを教えてください。

面接をする度にメンタルをやられていました。

面接やプレゼンなど人前で話すことがとても苦手だったので、キャリアセンターの先生との面接練習はとてもありがたかったです。

Q4.クラスや授業の雰囲気はどうですか?

それぞれ描きたいものが違っているので、自分とは違った考えや表現など刺激をもらえます。制作に真剣な人が多いので、「自分も頑張らないと」と焦ります。

Q5.大阪アミューズメントメディア専門学校へ入学してよかったと思うことがあれば教 えてください。

色々な技術や知識を学べるところです。

デザインやイラストだけでなく、映像制作や3D技術にも触れる機会があり、制作の視野が少し広がった気がします。
また、絵を描き続けることに不安を感じてしまった時に、周りに同じ業界や目標を目指している人がいる環境のおかげで目標を見失わないでいられました。

Q6.展示会など発表会での思い出はありますか?

学内展示会では感想シートをいただくことができ、ひとつひとつの感想がうれしかったのを覚えています。
自分の作品を見てくれる人って本当にいるんだと、作品に対する反応や感想をもらうことで実感することができました。

Q7.就職活動でくじけそうな時は、あったでしょうか?どんな時ですか?どう乗り越えましたか?

出だしから何から何まですべてに挫けてました。

そもそも自分はゲーム業界に向いているのだろうかと何も軸が定まらないまま就活を続けてしまい諦めかけていましたが、講師の方々に相談に乗ってもらったり、就職活動を続けていくうちに自分のやりたいことが少しづつ見えてきたような気がします。

Q8.これから、どんなクリエイターになっていきたいでしょうか。

まだまだ足りない所だらけなので、向上心を忘れずに努力を積み重ねることで、技術はもちろん精神的にも成長していき、自分の作品に自信を持てるクリエイターを目指したいです。

Q9.後輩や、これから同じ業界を目指す人にメッセージやアドバイスがあれば、お願い します!

イラストもそれ以外の制作であっても就活に繋がってくると思うので、何事にもチャレンジして後悔のない選択をしてほしいです。

◆   ◆   ◆   ◆   ◆

西川さん、ありがとうございました。
大阪AMGでは、実践的なカリキュラムはもちろんのこと、著名クリエイターによる特別講義や模擬面接など、学生たちの就職活動の手厚いサポートにも力を入れています。
カリキュラムや就職実績について詳しく知りたい方には、無料でパンフレットを送付いたしております。
また、オープンキャンパス学校見学も随時開催しておりますので、お気軽にお越しください。

合格特典・プレスクール!

AO入学、特待生入学合格特典プレスクール
2024年スケジュールを公開しました

閉じる

×

当サイトに掲載の情報は前身である
アミューズメントメディア総合学院の実績も含まれています。