CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. キャラクタービジネスⅠ・Ⅱとは

キャラクタービジネスⅠ・Ⅱとは

キャラクタービジネスⅠ・Ⅱとは キャラクターデザイン学科のキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業は、キャラクターデザイン学科ならではの内容である授業の一つです。
キャラクタービジネスを行なっていく上で、イラストレーターとしての技術や知識ももちろん必要となっていきますが、それ以上に求められることが一人のクリエイターとしてのビジネスシーンでの在り方や、一つの仕事を進めていく上での流れです。
今日、イラストレーターやキャラクターデザイナーはクライアントである企業とさまざまな契約を交わしていきながら、多くのキャラクターが生み出しています。
いずれの仕事を得るためには、企業内の担当者の方に対してのプレゼンテーションや、通ったのちの取引などの流れを理解しておくことで、より円滑にビジネスを進めていけるようになります。
AMGキャラクターデザイン学科のキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業では、キャラクタービジネスに関連するノウハウを学べるので、先々活躍するためにもしっかり習得していきましょう。

キャラクターデザイン学科の「キャラクタービジネスⅠ・Ⅱ」の特徴

その1:ビジネスマナーを学ぶことができる

キャラクターデザイン学科のキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業の特徴として挙げられることは、何と言ってもビジネスマナーを学ぶことができることです。
キャラクタービジネスはもちろん、ビジネスを行なっていく上でもっとも求められることはビジネスマナーを兼ね備えているかという点です。
キャラクタービジネスなどをメインとするビジネスシーンでは、クライアントとなる企業の担当者のほかに、さまざまな人々と接していくことになることからこそ、マナーを多く求められます。

仮にどんなにキャラクターデザインのスキルが優れていても、クライアントに当たる企業の担当者などに多大な迷惑をかけてしまうと、仕事を失うだけではなく、キャラクターデザインのビジネスをしていく上でマイナスにしかなりません。
AMGのキャラクターデザイン学科では、そのようなことにならないよう、キャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業でビジネスマナーを学ぶことができるので、しっかり学んでいきましょう。

その2:プロとして仕事を掴む方法を学べる

さらに、キャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業は、キャラクタービジネスの中で仕事をつかむ方法を学ぶことができることも特徴です。
ビジネスマナーがあることももちろん大切なことですが、同等に大事なポイントとして挙げられることが仕事をつかむためのノウハウです。

キャラクターデザインができるクリエイターとしての知識や技術があっても、自分自身の作風が、企業が希望している通りに描くことができるのかを伝えられないと、仕事をつかむことは難しいといえるのが現状です。
なので、キャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業どのようにコミュニケーションを重ねていけばいいのかといったことや、自分自身のアピールポイントは何かを自己分析する力、さらには企業の担当者の人と対面になったときにしておくと良いことなどを身につけられます。
企業内(インハウス)、またはフリーランスとして多くの企業の仕事を受け持つためにも、仕事をどのようにすればつかめるのかといった方法などの理解を深めていけます。

その3:仕事の流れを理解することができる

そして、仕事の流れがどのような仕組みとなっているのかを理解できることもキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業の特徴として挙げられます。
キャラクタービジネスは、依頼されたキャラクターのデザインをしていくだけではなく、さまざまな工程を踏んでいくものです。
どのような働き方をしていくときも、取引を行なうために必要となる見積書や契約書の取り交わし方やチェックするべきこと、版権やライセンスはどのようなものか、そして企画書の見方を理解していることも求められます。
いずれをおろそかにしてしまうと、キャラクタービジネスを行なっていく上で立場が不利になることもあり、損を重ねてしまう可能性もあります。

AMGのキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業では仕事の流れを学んでいけるように組んでいるので、キャラクタービジネスを行なえるように知識を得られるカリキュラムといえます。

「キャラクタービジネスⅠ・Ⅱ」の授業について

キャラクターデザイン学科ならではの授業として挙げられるキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業は、講義を中心としたカリキュラムなので、実技はありません。
その代わり、日々の授業では卒業してから働いていくときに必要な知識について、学んでいけるように講義を重ねていきます。

キャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業は、ビジネスシーンでもっとも求められるコミュニケーション能力などを、グループワークを通して身につけていきます。
ビジネスマナーを生かしながら、企業の担当者と対面するときにアピールできることや、名刺の内容はどのようなものがいいのかといった細かい点まで指導していきます。
そして、キャラクタービジネスでもっとも求められる取引の流れを実践していきながら市場の仕組みなどの理解を深め、より円滑にビジネスを進めていけることができる人材として働けるように授業の内容をメモし、先々活かせるようになりましょう。

「キャラクタービジネスⅠ・Ⅱ」のゴール

キャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業のゴールは、「キャラクタービジネスの市場への理解を深めていく」、「どんな働き方をしたときでも活躍できる人材になる」ことです。

授業内であらかじめ、キャラクタービジネスを使い、どのように仕事を得ていけばいいのかを理解しておくことで多くの企業との仕事をする機会を増やすことができます。
さらに、キャラクタービジネスを行なっていく上で見積もりや契約書、版権やライセンスなどの取引、企画書をしっかり読めるのかといったことをあらかじめ学んでおくことで、円滑に仕事を進められます。
いずれも企業に勤務、もしくはフリーランスとして活躍していく上で欠かせないスキルを授業内でしっかり学べるので、身につけていけるように努めていきましょう。
なので、日々の授業で経験を積み重ねていきながら、現場に立ったときに戦力となることができる授業として挙げられます。

プロの現場でこんな場面で活きる!

キャラクターデザイン学科のキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業で学んだ内容は、実際に仕事をする上で必ず使用することが多く、さまざまなケースで活かすことができます。
おそらくAMGのキャラクターデザイン学科で学んでいるときにはピンとこない内容と思いますが、キャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業は、さまざまな働き方をしていても通ることが内容となっています。

そして、授業内容は実際に働いていくことになったときに、気軽に質問できるものではないことが多くあります。
なので、キャラクタービジネスを仕事として行なっていけるようになるためにも、キャラクターデザイン学科のキャラクタービジネスⅠ・Ⅱの授業を日々受講していきましょう。