CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱとは

キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱとは

キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱとは AMGには多くのキャラクターを生み出すヒントを得るための内容もあり、その授業はキャラクターマーケティングⅠ・Ⅱです。
キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業は、さまざまな作品のキャラクターを生み出すため調査や分析の方法や考え方についての知識や手段を学ぶことができます。

そのときどきに合うキャラクターを生み出し、作品、どんなキャラクターを生み出し、さまざまな作品がリリースしていくために欠かせないのがマーケティングです。
マーケティングでその媒体の市場や流行などが今日どのようになっているのか、先々どんなものが市場に流行していくのかを読み解いていく力も、キャラクターデザインの仕事にかかわっていく上で必要となっていきます。

市場や流行を読み解き、得た情報からキャラクターをどのようにデザインしていけるのかを考える力を身につけていくためにも、キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業でさまざまな手法を習得しましょう。

キャラクターデザイン学科の「キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱ」の特徴

その1:市場調査の方法を学べる

授業の特徴として挙げられることは、なんといっても市場調査の方法を学べることではないでしょうか。
キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業の要となる市場調査は、調査をするために必要とする情報から、情報の収集方法、さらには収集した情報を集計し、どんなものが求められているのかを学んでいきます。

いずれを学んでいくことで、制作にかかわる媒体の市場ではどんなものが求められているのかを読み解く力を身につけることができます。
キャラクターを考えるためにも、市場調査の方法はキャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業でしっかり取得していきましょう。

その2:流行を読み解く力が身につく

さらに、キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業では市場調査の方法を学んでいくことで、流行を読み解く力を身につけることができます。
市場調査では、どんなものが求められているかという情報と同時に、そのときどきの流行を読み解いていくことも重要なポイントです。

キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業で、市場調査について学んでいくことで、制作にかかわる媒体の市場ではどんなものが流行しているのかを読み解く力も身につけることができます。
そして、流行を読み解いていくことで、先々どのようなものが流行するのかを読み、いずれを具現化した作品のキャラクターを生み出していけるようになることも大切です。

その3:調査結果から自分のキャラクターを考えられる

最後の特徴は、市場で求められているもの、流行しているものを読み解いた調査結果を自分のキャラクターデザインに活かせることです。
さまざまな調査を行ない、求められている作風やキャラクターデザインが見えてきても、実際にキャラクターとして具現化できないと意味がありません。

キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業では、調査によって得た情報からキャラクターを生み出していくために必要なことも学ぶことができます。
なので、キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業は市場調査をする方法、流行を読み解く力とともに、調査結果からキャラクターとして具現化する方法まで学べる内容となっていると言えます。

「キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱ」の授業について

クライアントから依頼されたキャラクターを具現化するために、さまざまなマーケティングができる術を身につけられるキャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業は、実際にマーケティングをしていきながら学んでいきます。

この授業では、さまざまなテーマでマーケティングを繰り返していき、自分自身について1つのメッセージ性をつけて課題としてPRを行なっていきます。
何度も繰り返していくことで、調査方法や読み解いていく力が培われていき、いざ企業の中でマーケティングを行なったときにも同じように動くことができます。
また、有名なキャラクターのメッセージ性がどのようなものかを読み解いていくことで、より読み解く力を身につけ、よりマーケティングの力を磨ける内容になっているので、安心して授業を受けられますよ。

「キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱ」のゴール

マーケティングについてさまざまな方面から学べるキャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業は、「市場をさまざまな観点から読み解く力を身につける」、「得た情報から自分のキャラクターを形にする力を養う」という2点がゴールとして設定されています。

制作にかかわる作品にキャラクターデザインという部分からより良いものとしていくためには、キャラクターデザインをする立場からマーケティングをして市場や流行について調査をしていくことが欠かせません。
この授業では、「様々なテーマ」について何度も調査をしていくことで、どのような観点から市場を読み解いていけばいいのか、そして先々の流行とはなんなのかを読み解いていく力を身につけていきます。
したがって、何度もマーケティングを繰り返し、経験を多く積んでいくことで、実際に市場調査を行なうときに力となることができる内容の授業と言えるでしょう。

プロの現場でこんな場面で活きる!

キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業で習得してきた内容は、実際にキャラクターデザインを行なっていく上で大いに活かすことができます。

プロとして多くのキャラクターをデザインしていくとき、求められるのは個性的かつ流行に沿ったキャラクターです。
魅力的なキャラクターを多く輩出していくためには、市場調査から流行を読み解き、先々に想定できるデザインを具現化していくことが欠かせません。
なので、プロとして働いていけるようになるためにも、キャラクターマーケティングⅠ・Ⅱの授業で多くのスキルを学んでいきましょう!