CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

キャラクター設定とは

キャラクター設定とは キャラクター設定の授業は、キャラクターを想像する力をあらゆる観点から行っていく授業です。
キャラクター設定の授業内では、キャラクターにはどのような役割、魅力があるのかを分析していきながら、さまざまなキャラクターの発案や表現に関する技術を学んでいきます。

ゲームやアニメグッズなどさまざまな媒体を制作するチームの中で、キャラクターを生み出していくためには、技術や分析するための力が求められます。
いずれを多くの現場で活かしていけるように、キャラクターを生み出すために必要なスキルを身につけ、その時々のトレンドに合うキャラクターを生み出していけるよう、キャラクター設定の授業を通して身につけていきましょう。

キャラクターデザイン学科の「キャラクター設定」の特徴

その1:オリジナルブランドを手がける講師から教われる

キャラクターデザイン学科のキャラクター設定の授業は、指導する講師がオリジナルブランドを手がけているプロが担当しています。
なので、キャラクターの設定に関する必要な知識を1から学んでいくことができます。
キャラクター設定を行なっていくためにはまず何をする必要があるのか、そしてキャラクター設定を考えるときのアイディアなどのまとめ方など、AMGに入学してから初めて学ぶ学生たちもしっかり理解できる内容になっているので、初心者も安心して学ぶことができますよ。

その2:キャラクターの分析ができる

さらに、キャラクター設定の授業では、多くのキャラクターの分析をすることができるようになります。
キャラクターの設定を行なっていくとき、どのようなキャラクターを作り上げていけばいいのかを調べるためには分析をする必要があります。

そこで、キャラクター設定の授業内では、分析するには何からしていけばいいのか、アニメやゲーム・グッズなど現在の市場を調査する方法などあらゆることを学んでいきます。
過去に生み出されたキャラクターとかぶることのない新たなキャラクターを生み出すためには、キャラクター分析は重要なスキルなので、キャラクター設定の授業でしっかり身につけていきましょう。

その3:キャラクター作成をオリジナルでできる

そして、キャラクター設定の授業を受講していくことでキャラクターの作成をあらゆる方向から行なっていくためのスキルを身につけられるようになります。
キャラクター設定の授業では、多くの課題でキャラクター設定のノウハウを重ねていくことによって、キャラクターの作成をするためのポイントをつかんでいきます。
自身の好みで固められたキャラクターではなく、自分の個性を生かしながら、関わっていく媒体や市場に合わせたオリジナルキャラクターを考えていくことが可能になります。

「キャラクター設定」の授業について

キャラクターデザイン学科のキャラクター設定の授業は、実際にプロとして働いて行くことを想定した、実践的な内容になっています。
いずれも、商業ベースで行なっていけることを目標としていることので、キャラクター設定の授業でしっかり身につけていきましょう。

まず、学生たちに課題を与え、それぞれが描いてきたキャラクターを教室内に張り出してから、一人一人それぞれテーマを発表し、制作意図を伝えていきます。
そして、受講回数を重ねていくことで、最終的にどのような企画から、商品展開を行なっていくのかなどのプレゼンを行なっていけるようになります。
AMGで学んでいる間に、数多くのキャラクターの制作を行ない、どのようなコンセプトや分析結果からキャラクター設定を行なっていったのかを多くの人々にプレゼンを行なっていけるようになるためにも、キャラクター設定の授業はしっかり受講していきましょう。

「キャラクター設定」のゴール

キャラクターデザイン学科のキャラクター設定の授業のゴールは、「実際の現場で働く商業のベースを元にしたフローでキャラクター制作ができるようになる」、「自ら発案を行い、商品展開を行えるようになる」ことです。

キャラクターデザイナーは、あらゆる媒体に登場するオリジナルキャラクターを日々生み出していくために、さまざまな手法でオリジナルキャラクターの設定を作り上げていく必要があります。
キャラクター設定の授業は、いずれをすべて行えるようになるための知識や、分析能力を養えるようにカリキュラムとして組み込まれているので、実践を重ねていきながら、スキルアップすることができる授業と言えるでしょう。

プロの現場でこんな場面で活きる!

キャラクターデザイン学科のキャラクター設定の授業で学んだ内容は、就職してからチームの一員として働いていくときに活かすことができます。
キャラクター設定は、関わる媒体の個性はもちろんのこと、多くの人々に好かれるかいなかがかかっていることから、チーム制作の中でも大切な作業として挙げられます。

そして、授業内で商業ベースの作業フローを多く経験しておくことで、実際にチーム制作を行なったときにも大きな戦力となることができます。
したがって、キャラクターデザイナーとして、制作チームの一員としてより活躍していけるようにキャラクターデザイン学科のキャラクター設定の授業に取り組んでいきましょう!