CHARACTER DESIGNER
キャラクターデザイン学科

  1. トップページ
  2. キャラクターデザイン学科
  3. デザイン基礎・実習とは

デザイン基礎・実習とは

デザイン基礎・実習とは キャラクターデザイン学科のデザイン基礎・実習の授業は、デザインの基本から商品の制作に関する技術を学ぶことを目的としている授業です。
デザイン基礎・実習の授業では、デザインの基本からデザインを行なうために使用するツール、名刺やロゴなどを制作することで商品用のデータ制作から印刷、さらには商品となるまでの流れを学んでいきます。

キャラクターデザインやイラストレーターが活躍している現場では、さまざまなグッズ展開をしていくことから、多くの商品の制作にかかわっていく勉強をしていきます。
いずれの商品に関連するデザインを行なっていくためには、制作に使用するIllustratorのスキルをはじめ、データ作成から商品となるまでの流れを学んでおくことで、現場でより戦力となることができます。

AMGのキャラクターデザイン学科では、いずれを多くの知識や技術を習得できるようにデザイン基礎・実習の授業をカリキュラムとして組み込んでいます。
このデザイン基礎・実習の授業で、デザインについて深く学んでいきましょう。

キャラクターデザイン学科の「デザイン基礎・実習」の特徴

その1:Illustratorをマスターできる

デザイン基礎・実習の授業でまず挙げられる特徴は、Illustratorをマスターできることです。
Adobe社の代表的なソフトであるIllustratorは、デザインの基本となるソフトであることから、Illustratorの基礎から応用にあたる内容までじっくりと学んでいきます。

基礎の内容はショートカットキーの徹底や、操作をしていくためのツールの特徴、そして応用はロゴや名刺を作成するなどの課題などがあります。
いずれも、キャラクターデザインや関連する仕事をしていくときに、デザインは欠かせないものです。
そして、そのデザインを行なっていくためには、Illustratorをマスターすることが必須と言えるものなので、デザイン基礎・実習の授業でじっくり学んでいきましょう。

その2:デザインの基礎を学べる

さらに、デザイン基礎・実習の授業は、デザインの基礎をさまざまな方向から学ぶことができます。
デザインは、配色や配置などさまざまな要素があり、いずれも実習を重ねていくことで学ぶことができます。

実習で制作するものとしてはロゴマークやイラストなどがあり、さらにはレイアウトなども制作しながら学んでいきます。
何回か制作を繰り返していくうちに、デザインはどのようにしていけばバランス良く仕上げられるかなどを身につけられます。

その3:データ作成から一連を学べる

そして、デザイン基礎・実習の授業はデータ作成から一連の流れについてを実践的に学ぶことができることも特徴です。
デザインの基礎知識や技術を要していても、現場で実際行われているデータ作成や入稿方法、そして商品として仕上がるまでの流れを把握していなければ現場で戦力となることは難しいものです。

AMGのデザイン基礎・実習の授業では、現場で働いていくことを想定しながらデザインのデータ作成から入稿するまでの流れを学んでいきます。
さらに、入稿後に印刷がどのように出てくるのか、実際に自身がデザインしたものが商品としてなったときにどんな風に仕上がるのかなどを見た上で、より良いデータ作成ができるようになるよう進めていきます。

「デザイン基礎・実習」の授業について

キャラクターデザイン学科のデザイン基礎・実習の授業は、デザインそのものがどのようなものかを講義と実技で学んでいきながら、デザインをいくつも制作しながらじょじょに知識と技術を習得していきます。

デザイン基礎・実習の授業では、はじめにデザインに関する概要について学んでいきます。
そこからIllustratorを実施に操作していきながら、ショートカットの徹底化やそれぞれのツールなどの概要などを学んでいきます。
いずれを学んだあと、Illustratorでロゴマークを制作していくことでさらに操作性を高め、そこからレイアウトやイラストなどを制作していきます。
制作に関するスキルを身につけたあとは、現場でのデータ作成時の注意点などを学んでから、現場で使用されるデータを作成し、さらに先の行程がどのようになっているのかを学んでいきます。
以上のように、デザイン基礎・実習の授業は基礎から実践を踏まえた内容となっており、キャラクターデザイン学科の授業の中でも広い範囲を誇っているので、しっかり学んでいきましょう。

「デザイン基礎・実習」のゴール

デザイン基礎・実習の授業のゴールは、「Illustratorを完全に使いこなせるようになる」、「現場を想定したデータ作成ができる」、「ポートフォリオの作成ができる」ことです。

デザイン基礎・実習の授業は、Illustratorのソフトを1からマスターできるように操作方法からデータ作成方法まで会得することができます。
さらに、データ作成からの流れや、商品が仕上がったのか、仕上がりをより良くするための方法などを学んでおくことで、現場に立ったときにサンプルチェックを行なういずれの知識が役立ちます。
以上を見ての通り、デザイン基礎・実習の授業は、デザインに関する基礎や技術、そして仕事をする上での流れを覚えられる授業と言えるので、しっかり取り組んでいきましょう。

プロの現場でこんな場面で活きる!

デザイン基礎・実習の授業で学んできたデザインの知識や技術、そして業務の流れを把握していると、実際に現場で働いていくときに、すぐに戦力として力を発揮することができます。

キャラクターデザインやイラストレーターなど、現場に立つプロとして働いて制作を行なうときにも、AMGのデザイン基礎・実習の授業で養った内容のおかげで同じクオリティーを提供できます。
基礎的な技術や実技を、実際の現場の流れを経験できるようにカリキュラムを組んでいることで、卒業してからも現場に立つことで実力を伸ばすことができます。
さまざまな作品に多くかかわっていくためにも、AMGのキャラクターデザイン学科のデザイン基礎・実習の授業はしっかり受講して欲しいですね。