漫画家(マンガ)の専門学校

背景パースとは

背景パースとは 背景パースとは、パースの概念を基礎から習得し、空間表現を身につける為に行われます。

マンガを描くなら、背景パースの知識は必ず持っていなくてはなりません。
私たちが実際に生きている三次元の世界を絵に起こすことになる為に、不自然な背景はすぐに読者に気づかれてしまうからです。

背景パースの知識を学べば、人物は上手く描けたのに背景を描いたら変になる、というような現象からも脱することが出来るようになります。
授業でしっかりと学んでいきましょう。

AMGマンガ・イラスト学科の「背景パース」の特徴

その1 背景パースの概念から学べる

背景は、描き方一つでマンガの世界観が大きく変わってしまうほど、重要な要素となります。
しかし、そんな重要な要素となる背景は、基本的な概念の知識がない状態では上手く描くことが出来ません。
空間の描き方や、人の目線などを分かっていなければ、どのように描くのが正解かわからないからです。

背景パースの授業では、このような概念の部分から学ぶことが出来るので、初心者の方でも安心です。
これまで人物や物体しか描いてこなかったという方は、基礎から固めていきましょう。

その2 一点・二点・三点透視図法の基礎を学べる

背景パースを学ぶ上で欠かせない「一点・二点・三点透視図法」の基礎から学ぶことが出来ます。
これらの知識は、マンガを描く上で必要になります。

特に、ファンタジーやバトルシーンの多いマンガなどでは、実際にある世界とは違う空間を描くことも多くなります。
そんな時、透視図法の知識を知らないまま描いていたら、空間が歪み、不自然な絵になってしまうんです。

人の目は正確に出来ているので、少しでも不自然な絵はすぐに見破られます。
マンガのクオリティを意識する上でも必ず身につけましょう。

その3 自分の部屋を描くなどの応用も学べる

また、背景パースの授業では、実際に自分の部屋を描いてみる、などの応用の技術も学ぶことが出来ます。
実際にある空間を描くことで、どうやって描けばより自然に見えるのかを知ることが出来ます。

また、人の視点を表す「アイレベル」や、人の視線から見えなくなる部分を表す「消失点」を実際に自分の目で体感しながら絵を描いていくことで、三次元の空間を描くことに慣れていきます。
自分の部屋であればいつでも絵にすることが出来るので、透視図法をより深く学んでいく為にぴったりの方法だと言えますね。

「背景パース」の授業について

背景パースの授業は、まずは講師の先生が説明と講義をしてくれます。
そこで課題を理解し、演習に入ります。
一点〜三点透視図法から、自分の部屋を描くなどの応用まで、授業によって様々な課題が出されます。

授業ではマイルストーンが設けられており、時間が経てば途中でも提出してアドバイスをもらいます。
アドバイスに基づいて修正をしていくことが出来るので、効率的に知識を学ぶことが出来ます。
基本的には、授業の課題は授業中に終わらせるようにしますが、出来なかった場合には宿題になります。
苦手な構図は、家でじっくりと取り組みましょう。

直接アドバイスをもらいながら背景パースを学んでいくことで、独学で学ぶよりも上達のスピードは速くなります。

「背景パース」のゴール

背景パースの授業のゴールは、「人と背景が理論的におかしくない場面を描けるようになる」ことです。
どうしてそこまで背景パースの知識が大切かというと、マンガの世界を三次元と同じだけ広がっているように描かなくてはならないからです。
三次元のように描かないと、読者をマンガの世界に引き込むことが出来ません。

また、背景パースの知識があれば、マンガの背景から独自の世界観も作り込めるようになります。
その分、マンガを魅力的にすることが出来ますね。

逆に、背景パースの知識が不十分で人と背景が不自然になってしまうと、マンガの魅力は一気に半減してしまいます。
授業の中で、しっかり背景パースの基礎から身につけていくようにしましょう。

プロの現場でこのように活きる!

背景パースの知識は、プロの現場でそのまま活かすことが出来ます。
背景は特にアシスタントに多い仕事ですが、自分のマンガを描く際は誰も描いてくれないので身につけておく必要があります。

背景が上手く描けるようになれば、アシスタントとして働いている場合であっても実力を認めてもらいやすくなります。
自分のマンガにもそのまま活かすことが出来るので、世界観も表現しやすくなりますね。

プロのマンガ家デビューをする上で、欠かせないスキルの一つです。