漫画家(マンガ)の専門学校

マンガ基礎とは

キャラクターデッサンとは マンガ基礎の授業は、プロの作品の模写を通し、ネームの基本テクニックを学ぶ為に行われます。

マンガ家になる為には、ただ絵が上手いだけではいけません。
どんな風にコマ割りをすれば物語の魅力がもっと伝わるのか、人に感動してもらえるのかを常に考えて作る必要があります。
本当に面白いマンガはネームから面白いので、物語の流れがわかるようにしっかりと作り込む必要がありるんです。

マンガ基礎の授業では、ネームの作り方をプロの表現技法を参考にしながら学ぶことが出来ます。

AMGマンガ・イラスト学科の「マンガ基礎」の特徴

その1 模写の仕方の基礎から学べる

マンガを描いていく場合、まずはプロの作品の模写から入るのが一般的です。
どのように描かれているのかを学んでいきながら、その技術を自分の血肉としていく為です。

ただ、模写の仕方がわからないまま、やみくもも模写の練習をしても、実力はなかなか上がりません。
実は模写の仕方にも正しい方法がある為です。

授業では、模写の仕方という基礎から学ぶことが出来るので安心です。
効率的な方法で模写を重ねていくことで、早い段階で実力をつけていきましょう。

その2 原稿用紙の使い方から学べる

自分でマンガを描く時、見様見真似で原稿用紙を使っている方も多いですよね。
しかし、やみくもにただ線で区切るだけの原稿用紙の使い方をしてしまうと、マンガの魅力は半減してしまうんです。

この授業で、原稿用紙の使い方を基本から教わることで、どうしてこんな用紙の使い方をしているのか、コマ割りにはどんな意味があるのかを学んでいきましょう。
原稿用紙の使い方にも意味があることが分かれば、さらにマンガの魅力を伝えることが出来るようになります。

その3 プロの表現技法から注意点を学べる

実際にある作品の模写を通して、プロの表現技法から注意点を学んでいくことが出来ます。
コマ割りや構成の理論のハウツー本などは殆ど出ていないので、実際に講師の先生に教えてもらいながら学べるのは大きなメリットです。

プロのマンガ家たちは自分では思いつけないような技術を使っているので、参考になる部分が多いです。
その技術を使うことで読者にどのような印象が残るのかを分析することが出来れば、逆にどんな時はこの表現をするべきではないのも分かるようになります。

「マンガ基礎」の授業について

マンガ基礎の授業は、模写のテーマを渡してもらった後、注意点の説明を受けて、実際に模写に移っていきます。
描き始める前に原稿用紙の使い方も教えてもらえるので、初めて原稿用紙を使う方でも心配はいりません。

実際にプロの作品を見比べながら模写していくので、自分がどのような構図が苦手なのかも分かりやすいです。
途中でも一旦提出すれば講師の先生にアドバイスをもらえるので、そのアドバイスを元に修正をしていけます。
苦手だと感じる作品の模写こそ、逃げ出さずに丁寧に仕上げていきましょう。

また、マンガ基礎の授業で出された模写の課題は、基本的には授業内で終わらせます。
終わらなかった場合には次回までの課題となるので、家でじっくり取り組みましょう。

「マンガ基礎」のゴール

マンガ基礎の授業のゴールは、「プロの作品を模写してスキルアップする技術と知識をつける」ことです。

マンガ家は、プロとしてデビューしたらもう絵の勉強は全くしなくても良いという訳ではありません。
プロデビューした後もずっと、他のプロの作品を模写したりすることで、スキルアップしていく必要があります。
マンガ基礎の授業では、このスキルアップ方法の技術と知識をつけるために大切なんです。

また、マンガ基礎の授業を通して、人の作品の良いところは真似していこうという気持ちを持つことも出来ます。
マンガ家として長く活躍したいなら、常に上を目指す意識を作っていかなくてはならないので、その意識を作る為の重要な時間になります。

プロの現場でこのように活きる!

マンガ基礎で学ぶ「模写の技術と知識」は、プロとして仕事を始めた後も役立ちます。
技術の習得をより効率的にできるようになるからです。

プロとして活動を始めたら、アマチュアだった時と比べて圧倒的に時間がなくなります。
その為、ゆっくり技術を習得する時間がなくなってしまいます。
しかし、マンガ基礎の授業で技術の習得を効率的に出来るようになっていれば、ネームの段階から物語としてのクオリティも高めていくことが出来るようになりますね。