漫画家(マンガ)の専門学校

  1. トップページ
  2. マンガイラスト学科
  3. デジタルマンガ制作/イラスト制作とは

デジタルマンガ制作/イラスト制作とは

デジタルマンガ制作/イラスト制作とは デジタルマンガ制作/イラスト制作の授業は、デジタルでのマンガやイラストの制作手法を学ぶ為に行われます。

マンガといえば、原稿用紙にペン入れをして、トーンを貼って作っていく、というイメージが強い方もいますよね。
確かに昔はアナログでのマンガ制作が主流でしたが、現在ではプロのマンガ家もデジタルでの制作に移行しつつあります。
デジタルでの制作の方が原稿を描く時の手間もかからず、修正なども容易にできるからです。

授業では、このような現在のマンガ制作にもついていけるように、デジタルでの制作を学んでいきます。

AMGマンガ・イラスト学科の「デジタルマンガ制作/イラスト制作」の特徴

その1 プロのイラストレーターから指導してもらえる

デジタルマンガ制作/イラスト制作の授業では、プロのイラストレーターから指導してもらえます。
そして、色味などを講評形式で指導してもらうことで、カラーイラストの色の付け方を学ぶことが出来ます。

プロのイラストレーターのアドバイスを聞くことで、自分のイラストがプロの目からどのように見えるのかも分かります。
自己流での色の付け方から一つ上のレベルにスキルアップすることができるのは、大きなメリットですね。

その2 デジタルソフトの使い方を一からレクチャーしてもらえる

授業では、デジタルマンガやイラストの作成を主に「CLIP STUDIO PAINT」や「Photoshop」で学んでいきます。
基本的な使い方も、一からレクチャーしてもらえます。
これまで一度もデジタルソフトに触ったことがないという方でも安心ですね。

また、デジタルソフトを実際に触ることで、自分なりのやり方も見出すことが出来るようになります。
独学ですでに使っている方も、基本から振り返ることでより効率的な作業方法を見つけられるので、しっかり学んでいきましょう。

その3 マンガ実習Iで身につけた技術をデジタルに活かせる

マンガ実習Iで身につけたネームの表現技法を、そのままデジタルマンガ作成に活かすことが出来ます。
アナログで身につけた技術をデジタルで活かすことで、実際にプロのマンガ家の仕事に結び付けられます。

アナログでの技術をアナログでしか活かせなのは、もったいないです。
実際のマンガ家の仕事はデジタルで行われることが多いので、是非デジタルでも活かせるようにしていきましょう。

また、デジタルマンガやイラストが描けるようになると、作業効率も上がるので、より多くの作品を作れるようになります。

「デジタルマンガ制作/イラスト制作」の授業について

デジタルマンガ制作/イラスト制作の授業は、座学と演習の二つのパターンがあります。

座学の場合には、デジタルマンガやイラストの制作手法を説明を受けながら学んでいきます。
時にプロのイラストレーターの方の講義を受けることも出来ます。

一方演習では、座学で学んだ制作手法を生かしつつ、実際にデジタルソフトを使って表現していくことになります。
デジタルソフトを触りながら講師の先生にレクチャーしてもらうことで、より効率的な作業の方法を知ることが出来ます。
自分だけでは気づけなかったソフトの良さも改めて感じることが出来るので、デジタルマンガやイラストを描く為のスキルアップにつながっていきます。

デジタルマンガやイラストの作成の基礎を固めていきましょう。

「デジタルマンガ制作/イラスト制作」のゴール

デジタルマンガ制作/イラスト制作の授業のゴールは、「デジタルの環境でも活躍できる幅広い技術を身につけること」です。

現代のマンガ、イラスト業界は多くがデジタルでの仕事になります。
アナログで求められることも勿論ありますが、基本的にはデジタルでの作業が中心になっているので、基礎はしっかり身につけておく必要があります。

授業では主にCLIP STUDIO PAINTを中心に学んでいきますが、Photoshopの使い方も同時にマスターしていきましょう。
二つのツールに学生時代から慣れておくことで、実際にプロの現場に行った後も通用する力を発揮することが出来ます。
マンガ家やイラストレーターとしてのキャリアを早くスタートさせる為にも、欠かせないスキルです。

プロの現場でこのように活きる!

デジタルマンガ制作/イラスト制作の授業で身につけたデジタルソフトの技術は、プロの現場でも通用します。
ソフトの使い方は基本的に変わらない為です。

デジタルソフトを使えるか使えないかは、仕事の幅にも大きく左右します。
特に「CLIP STUDIO PAINT」は使っている会社が多いので、是非マスターしておきましょう。
授業の中で使いこなせるようになれば、将来マンガ・イラスト業界で活躍できる可能性もぐんと上がります。