漫画家(マンガ)の専門学校

  1. トップページ
  2. マンガイラスト学科
  3. マンガアシスタントの仕事とは?

マンガアシスタントの仕事とは?

マンガアシスタントの仕事とは? マンガアシスタントは、マンガ家のアシスタントとして働く仕事になります。
マンガ家は、一人で物語を考え、作画していかなくてはならないので、売れっ子になると作業量も膨大になります。
そんな時に雇うのが、マンガアシスタントです。

ただ、マンガアシスタントの仕事内容についてまで詳しく知っている方は多くないのではないでしょうか。
マンガ家のアシスタントとして、どこまで仕事をしていくのかという部分は気になりますよね。

そこで、ここではマンガアシスタントの仕事について詳しく解説していきましょう。

マンガアシスタントとは?

マンガアシスタントは、その名前の通りマンガ家のアシスタントとして仕事をしている人のことを指します。
しかし、マンガ家にも様々なタイプがいる為、作画のアシスタント業務としっかり仕事内容が決まっている場合もあれば、家事や掃除などの雑用も含めてアシスタントとして雇っている場合もあります。

作画のアシスタント業務としては、ペン入れやトーン貼り作業、時にはキャラクターの服のデザインまで、多岐に渡ります。
アシスタントにつくマンガ家によって任される仕事が変わるので、マンガを描く上での基本的な作業はマスターしておく必要があります。

マンガアシスタントは、アナログ作業の場合マンガ家の自宅や作業場に直接出向くこともあります。
時には泊まり込みになったり、徹夜での作業が発生するので、寝る場所が変わると眠れないという方などは厳しいです。
その代わりに、プロのマンガ家の技術を目の前で学ぶことが出来ますし、毎日作画を描いていくことでだんだんと自分の実力がついていくのも肌に感じてわかるようになります。
厳しい場で、自分のマンガ家としての実力を磨きたいという方にはぴったりの仕事だと言えます。

また、近年では在宅でアシスタント業務を行う「デジタルアシスタント」も増えてきています。
デジタルでの作業になりますので、デジタル作画の環境や知識が必要になってきますが、仕事場を問わずにアシスタントに就けます。ただし、直接顔を合わせられない分、先生とやり取りするコミュニケーション能力や自分だけで期日までに作業を終わらせる自己管理能力が求められます。
多くの仕事を掛け持つことができるので、「プロアシスタント」として生活している人もいます。

マンガアシスタントに求められる能力とは?

マンガアシスタントに求められるのは、「マンガを描く上での基本的な作業をこなすスキル」と「画力」、そして「コミニュケーション能力」です。
マンガアシスタントに任される仕事は、基本的には背景や効果音などのキャラクター以外の部分です。
その為、基本的な背景の作画は出来ていなくてはなりません。
さらに、モブ、アタリ、などのマンガの専門用語も理解しておかないと、作業を任せられた時に戸惑ってしまいます。
マンガ家として基本的な用語の知識は身につけておきましょう。

なお、背景に関してはマンガ家以上のクオリティを求められるので、背景技術のためのパースの理解はもちろんですが、相応の画力も求められます。

また、マンガアシスタントが自分一人とは限りません。
アシスタントにつくマンガ家は勿論、多くの場合は他のアシスタントと共同生活のような状況になりますし、コミュニケーション能力がないと仕事がうまく回らなくなってしまいます。
作画のアシスタントだけをすれば良い訳ではないこともあるので、常に自分以外の人たちを見て、率先して働きやすいように動ける人でなくてはなりません。

マンガアシスタントのやりがいとは?

マンガアシスタントのやりがいは、プロのマンガ家の近くで技術を学ぶことが出来ることです。
マンガ家としてデビューを目指しているなら、プロのマンガ家の技術を学べるのは大きなメリットですね。

あくまでアシスタント業務ですが、基本的にはマンガ家と同じスケジュールで働くことになるので、将来自分がマンガ家になった時のイメージもつきやすくなります。
そして、プロのマンガ家が近くにいれば、「早く自分もマンガ家になりたい」という気持ちも強くなる分、モチベーションのアップにも繋がりますね。

実際に、マンガアシスタントの仕事をしてからプロのマンガ家デビューした方も多いです。
アシスタント業務は、プロのマンガ家になる為の登竜門となる仕事だと言えます。

マンガアシスタントの仕事まとめ

マンガアシスタントの仕事は、マンガ家のアシスタント業務になります。
主にトーンを貼ったり、ペン入れをしたりなどの漫画を描く上での基本的な作業を担当します。
また、他のアシスタントとの共同生活に近い状況になるので、コミニュケーション能力は常に求められるのが特徴です。

しかし、マンガ家としてデビューを目指しているのなら、まずはアシスタント業務を通じて漫画を描く技術をしっかりと学んでみるのが一番です。
実際にプロのマンガ家としてデビューする為の技術を学ぶ場として使う方も多いので、その効果は絶大だと言えますね。

マンガアシスタントになるには、基本的な漫画の作画技術を身につけておく必要があります。
まずは専門学校で基礎からしっかりと学んでおきましょう。