漫画家(マンガ)の専門学校

  1. トップページ
  2. マンガイラスト学科
  3. イラストレーターの仕事とは?

イラストレーターの仕事とは?

マンガ家の仕事とは? イラストレーターという仕事に対してどんなイメージがありますか。
自分が好きな絵を描く仕事、というイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

確かに自分が描きたいように描くことは出来ますが、実際には自分なりの味を出しながら依頼主の希望も満たすという難しい仕事でもあります。
ただイラストを描くのが上手いだけではダメで、自分の個性と依頼主の希望に折り合いをつけなくてはなりません。
その為、相応の技術が必要なんですね。

ここでは、そんなイラストレーターの仕事について詳しく解説していきましょう。

イラストレーターとは?

イラストレーターとは、主に雑誌やポスター、パンフレットなどに依頼に基づいたイラストを描いていく仕事のことです。
あくまで依頼主の希望に基づいてイラストを作成していくので、時には自分の苦手分野のイラストの発注が入ることもあります。

イラストレーターの仕事は、現在は殆どパソコンを使って行います。
打ち合わせの段階でコピーライターやグラフィックデザイナーと共同で作品を作っていくこともあります。
イラストを描くという仕事のイメージから、一人での作業がメインになると思われがちですが、実際には作成までに打ち合わせが必要となる為、コミュニケーション能力は必要です。
場合によっては手直しも何度も発生するので、その度に依頼主との意思疎通を行わなくてはなりません。

また、イラストレーターは、フリーで働く場合と、会社に所属して働く場合があります。
現在はフリーで働いているイラストレーターが多数です。
どちらの場合でも、まずは依頼をもらい、詳しい希望を聞いて作成に入っていく流れを取るのが一般的です。

イラストレーターに求められる能力とは?

イラストレーターに求められるのは、「協調性」と「個性」です。
協調性が必要なのは、手直しなどが発生した際に依頼主や一緒に作品を作るクリエイター達を衝突しない為です。

いくら自分のイラストに自信があっても、依頼主に納得してもらえない場合もあります。
そんな時、反発するような意見を言ってしまったりすれば、依頼主はそれなら違うイラストレーターにまかせよう、という判断を下してしまうことになります。
自分の味を出す部分と、依頼主の希望に折り合いをつけて作品にしていく為にも、協調性は必須です。

また、個性が必要なのは、イラストに自分だけの味を出す為です。
誰でも描けるようなイラストだと、なかなかイラストレーターとしての価値を上げることが出来ないので、身につけておく必要があります。
まずイラストを描くための基礎技術を習得し、個性を出していきましょう。

ただ、独学だけでイラストを学んでいくのは難しい為、美術系の専門学校などで基礎知識を学んでおくのがおすすめです。
学校で知識を学んでおけば画力を上げることも可能ですし、就職先を紹介も受けられるからです。
イラストレーターを目指すなら、進学を視野に入れておきましょう。

イラストレーターのやりがいとは?

イラストレーターのやりがいは、自分のイラストを多くの人に見てもらえることです。
必死に考えたイラストが街に張り出されていたり、テレビで紹介されたりすれば、大きなやりがいを感じることが出来ますね。

また、自分のイラストが多くの人に見てもらえるようになったら、だんだんとイラストレーターとしての知名度も上がってきます。
そうすればより仕事が舞い込んでくるようになり、やりたかったゲームのキャラクターを描く仕事ができたり、ずっと使っていた商品のイラストも描くことが出来るようになります。

さらに、イラストにファンがつくようになれば、画集の出版や商品化などの可能性も広がります。
イラストで活躍の世界をどんどん広げていくことが出来るのは、イラストレーターの大きなメリットと言えますね。

イラストレーターの仕事まとめ

イラストレーターになる為には、依頼主に納得してもらえるイラストを描く技術がなくてはなりません。
依頼主の希望と自分のイラストとの折り合いを合わせていくのは大変な作業です。

仕事を始めてすぐは、自分の個性と依頼主の希望を合わせることが出来ず、苦労することも多くなります。
しかし、何度も依頼を受けて描き続けるうちに、だんだんと自分の個性の出し方も分かるようになってくるので心配する必要はありません。

イラストレーターとして早く活動の幅を広げるために、学校で技術をしっかり身につけておきましょう。