漫画家(マンガ)の専門学校

  1. トップページ
  2. マンガイラスト学科
  3. マンガ作画担当の仕事とは?

マンガ作画担当の仕事とは?

マンガ家の仕事とは? マンガ作画担当は、字のまま、マンガの作画を担当する仕事です。

あくまで漫画の作画のみの担当なので、自分で物語を考えたりするという訳ではありません。
漫画の原作者と組むことで、完全な作画担当として活動することが出来ます。
「原作◯○:作画◯○」と二つの名前が漫画の表紙に並んでいる場合などがタッグを組んでいる作家です。

画力はあるけれども、オリジナルの物語を考えつくことが出来ない、という人でもマンガ家になることが出来る唯一の手段と言えます。

ここでは、そんな漫画作画担当の仕事について詳しく解説していきましょう。

マンガ作画担当とは?

マンガ作画担当は、漫画の作画をしていく仕事です。
これまでマンガ家といえば一人で物語も作画もしていく、ということが多かったのですが、最近では二人で原作と作画を分けている作家も多くなってきたので、需要が増えてきた仕事だと言えます。

ただ、いきなりマンガ作画担当者になれるということはあまりありません。
自力で漫画の原作者を探すのは難しいからです。
まずは画力を認めてもらわなくてはならないので、マンガ家を目指すのが一般的です。
どうしても最初からマンガ作画担当としてマンガ家デビューしたい場合には、原作者とタッグを組んでからデビューするという方法もあります。
専門学校などに通っていれば、マンガ原作者を目指す人もいるので声もかけやすいです。

その代わり、あくまでマンガ作画担当なので原作者と息が合わないと漫画を描くのは難しくなります。
原作者の意図や考えをしっかり受け入れられる心を持っていないと活動を続けられません。

マンガ作画担当に求められる能力とは?

マンガ作画担当に一番求められるのは「画力」です。
原作者に「この人に絵を描いてもらったらキャラクターの魅力を引き出せる」と思わせなくてはならないからです。
画力がないとキャラクターの魅力を出すことは難しくなります。
実際に、マンガ作画担当の仕事をしている方は、絵に独自の魅力があることが多いです。

どれくらいの画力が求められるの?と不安に思う方もいますよね。
少なくとも、原作者が描く絵よりも魅力的な絵を描かなくてはなりません。
原作者よりも作画が下手だったら、わざわざ作画担当を入れる必要がないからです。

また、作品ごとに原作者が求める絵柄が異なります。
アクションメインの作品なのに、少女マンガのような細身の少年達が主人公だったら原作者の意図に合わない可能性が高くなりますよね。
その為、ある程度の絵柄の描き分けが出来る方がマンガ作画担当としての仕事の幅を増やせます。
画力が求められるのは、そのようなキャラクターの描き分けを高いレベルで行う必要があるからです。

画力は、デッサンや漫画の模写などで地道に磨いていきましょう。
独学で画力を磨くのが難しいという場合には、専門学校でじっくり基礎から勉強することで、より早い段階で高い画力をつけることが可能になります。

そして、マンガ作画担当には画力だけでなく「構成力」も求められます。
構成力とは、プロットやネーム、コマ割りといった作業にて、ストーリーをより分かりやすくした上で面白く伝えるための能力のことです。
作画担当に構成力は必要ないのでは?、と思う方ももしかしたらいるかもしれませんが、実は構成力を持っていないと、作画担当として活躍するには厳しいのです。
例えば、原作担当の方がコマ割りの作業をやってくれるケースは稀ですし、仮にやってもらったとしても、見てもらう編集者や読者のために作画担当がコマ割りをより良くする必要があります。

さらに、小説など他のジャンルが原作だった場合には、「マンガらしく」表現する必要があるため、ストーリーの構成をマンガらしく組み直さなければなりません。
そのため、マンガ作画担当には、画力だけでなく構成力も相応に求められるのです。

マンガ作画担当のやりがいとは?

マンガ作画担当のやりがいは、自分の描いたキャラクターで人々の心を掴むことが出来ることです。
原作者ではないので、キャラクターの設定などは自分で考えている訳ではありませんが、自分の手から生まれたキャラクターが世間で評価を受けて愛されることになれば、充実感でいっぱいになります。

マンガ家は、自分で漫画を描きたいという気持ちで目指す方が殆どです。
しかし、マンガ家はシナリオも作画もこなさなくてはならないので、とんでもない才能の持ち主でないとなれない、と決めつけてしまっている方もいますよね。
実は現在マンガ家として活動している方の中にも、絵には自信があるもののシナリオを考えるのは苦手だから作画担当になった、という方もいるんです。
自分の得意分野を活かしてマンガ家になれるという点で、作画担当の仕事はやりがいがあるものだと言えますね。

マンガ作画担当の仕事まとめ

マンガ作画担当の仕事をすれば、漫画の物語を思いつくことが出来ない方でもマンガ家になれます。
その分、自分で全て担当するマンガ家よりも画力は求められますが、画力に自信がある方であれば十分にチャレンジできる仕事なのではないでしょうか。

ただ、原作者になりたい方とタッグを組むことが難しい場合には、まずはマンガ家を目指すことになります。
物語を考えるのは大変な作業ですが、画力が認められれば編集者の目に止まる可能性があるので、自分の想像力を駆使して新人賞に応募し続けていきましょう。
地道に画力を磨き続けていくことがマンガ家への唯一の道です。