NOVELS WRITER
ノベルス文芸学科

全国屈指のデビュー実績 累計670冊突破

小説家の仕事とは?

小説家の仕事とは? 小説家は、様々なジャンルに沿った物語を書いている人のことです。
執筆の仕事のほかにも、サイン会や各文学賞の審査員、小説家として学校などで講師をしていることもあります。

近年は小説が映画化されたり、ドラマ化されたりすることも多いですし、日本の小説家が海外の文学賞をとることもあるので、注目が集まっている職業の一つとなっていますね。

ここでは、そんな小説家の仕事について詳しく解説していきます。

小説家とは

小説家は、自分で考えた物語を書いて発表することが仕事です。
給料は、小説の原稿料や出版された本の印税になります。
取材をしたり、調べたりして何年かに一作の小説を書いている人もいれば、雑誌に連載などを持っている人もいます。

生活のリズムは、小説家によって異なります。
例えば、毎日決まった時間に起きて机に向かって執筆作業をしている人もいれば、好きな時に寝起きして、集中できるタイミングでまとめて書き上げてしまう、という人もいます。
決められた期限までに小説を書くことが出来れば、どんな働き方をしても良いというところが大きなポイントです。

ただし、誰でも小説家としてそんな働き方が出来るわけではありません。
小説家として仕事をもらうには、文学賞などで賞をとって実力を認めてもらわなくてはなりません。

どんなにたくさんの物語を書いていたとしても、誰にも面白いと思ってもらえないようなものだったら、小説として売り出しても利益に繋がらないからです。
もちろん、自費出版であれば誰でも小説を売ることは出来ますが、それでは小説家としての収入は赤字になります。
小説家として仕事をしていきたいなら、まずは文学賞の受賞を狙うのが一般的です。

小説家に求められる能力とは?

小説家に求められるのは、「文章力」と「構成力」です。

文章力がないと、小説の内容が読者にうまく伝わりません。
小説はよほどマイナーな層を狙っていない限りは、多くの人に面白いと思ってもらう必要があります。
その為、面白いと感じられるだけの文章力は必須です。

また、構成力も小説家として仕事をする上では大切な能力です。
文章がどんなに素晴らしくても、展開などがわかりづらいと読者が内容を理解しにくいからです。

どのような物語の展開であればより読者が読み進めやすいか、また面白いと感じてもらえるかを常に考えて構成を作らなくてはなりません。

ただ、文章力があってこそ構成力が活きます。どちらの能力も磨いておきましょう。

小説家のやりがいとは?

小説家のやりがいは、読者から嬉しい反響が返ってきた時です。

小説を書いている時は、基本的にはずっと1人です。
雑誌や出版社の編集者などから意見を言われることはあっても、実際に読者から感想を言ってもらえることはありません。
これで本当に面白いと言ってもらえるのだろうか、という葛藤の中での作業になります。

その分、小説を発表した後に読者から嬉しい反響が来ると、「この小説を書いてよかった」と心から思えるようになります。
多くの小説家は、この喜びを信じて仕事をしています。

小説家の仕事まとめ

ここまで、小説家の仕事について解説してきました。
執筆以外にもサイン会や、各文学賞の審査員などをしている場合もあるので、意外に思った方もいたのではないでしょうか。

小説家として仕事をしていく為には、基本的には文学賞の受賞を目指すのが一般的です。
その為には、自分が作った物語を読者に面白いと思ってもらえるような「文章力」と「構成力」が必要になります。

独学だけでは文章力と構成力を磨くのが難しい場合には、専門学校などで技術を学ぶのがおすすめです。
是非、検討してみてくださいね。

ご都合がつかない方はこちら

資料請求

パンフレットを取り寄せて
より詳しく調べる

学校見学個別相談会

気になることを解決!
学校見学・個別相談会。

大学生社会人向け個別入学相談会

夜間開催もあります。
大学生・社会人向けの説明会。